2019年01月10日
2019年01月10日(木)   宅急便コンパクト


はじめて宅急便コンパクトなるものを利用した。60サイズよりもさらに小さな荷物を専用ボックスを使って宅急便と同じクオリティで発送できるというもの。確かに宅急便60サイズよりも安いのだが、たいして割安感はない。同じくらいのサイズなら郵便局のレターパックのほうが断然安い。ただ今回はメルカリで売れた商品だったので割安で宅急便コンパクトを使えたのだ。らくらくメルカリ便といって全国一律380円で送れる。ただし箱代が別途65円。絶対に専用箱を買わなきゃだめなのに箱代を別記している意味がわからんわ。まいいけど。
 
というわけで深夜のファミマへ行ってきた。出荷はファミマからなのだ。クロネコの集荷も頼めるけど、集荷だとさらに+30円。結局高くなるやん、なのでファミマへGO!店舗に設置してある端末で送り状を発行してレジへ。「箱ください。」その場で箱を購入して梱包。先に箱だけ買って帰って梱包してから持ってきてもいいんだけど、何度も行ったり来たりはめんどくさいから送るものをそのまま持ってきた。あ、そうか!だから箱代は別記だったんだ。箱だけ買っておいて荷物を詰めてから持ち込むほうが楽だもんね。って今さら気がついたよ。なるほどなるほど。
 
レジカウンターで箱をもらって組み立てている間、店員はじっと待っていたのだが、組み立てて荷物を詰め終わると店員は、「慣れていらっしゃいますねえ」と声をかけてきた。「え?あ、いや、今日が初めてですよ」「そうなんですか?箱の組み立て方に迷われるお客様もけっこういらっしゃいますんで、それに緩衝材もご用意してきていらっしゃるし」「ああ、そうですねえ」確かに宅急便コンパクトを使ったのは初めてだけど、梱包時の要領は心得ているから、慣れてるっちゃ慣れてるかな。わーい誉められた。出荷完了。