2019年07月11日
2019年07月11日(木)   怒り


メルカリの取引相手のプロフィールを確認すると「基本、怒ると言う事がなくて不思議がられます。」と書いてあった。私は穏やかな性格ですよということをアピールしているのだと思うが、自分で言うか?なんかヘンな感じ。喜怒哀楽、怒りの感情があるのは普通のことで、ないほうがおかしいと思うが、本当に怒ることがないとすれば、それは怒りの感情をほかの感情に変換しているのだろう。例えば悲しみに。それが無意識の自己防衛策なのかもしれない。
 
それで思い出したが、あれはNHKのためしてガッテン!だったのかな?むかしどこかの番組で怒りの検証をしていた。怒らない人はいるのか?の検証だったと思うが、喫茶店で店員がわざとオーダーを間違えて持ってきて、これ違いますよと言った客に対し横柄で理不尽な対応をして怒らせようとする企画だった。それで客が本当に怒り出す寸前にスタッフが飛び出してタネあかしをしてアハハハハという内容だったが、気持ちの悪い番組だった。そういうドッキリ企画だとわかって見ていても気分が悪かった。もし自分がやられたならドッキリだと種明かしされても怒りは収まらず放送できないことになるだろう。
 
「基本、怒らないと言うことがなくて恐れられます。」つまり素直ってこっちゃ。自分で言うか?