No.0の記事
2019年01月20日(日)   験担ぎ New!


受験シーズン真っ盛りということで、ニュースではゲン担ぎグッズの特集をしていたが、その中の一つで、落ちないお守りキーホルダーを販売していたとある売店の担当者は「受験生を応援しようと思って作りました」なんて言ってた。いやいや売ってるやん。儲けようと思って作りましたやろ。応援するためなら無料配布でええやろ。とテレビにつっこんでしまいました。今日も元気です。トンカツ食ってがんばろう!
 
 

2019年01月19日(土)   DVDをCD-Rに焼く


10分くらいのビデオクリップDVDをコピーしようと思うのだが、10分くらいのものにDVD-Rを使うのもなんだかもったいない。DVD-Rは1枚30円くらいのもではあるけれど、120分録画できるものに10分だけというのが、貧乏な貧乏性には耐えがたい贅沢行為だ。CD-Rには焼けないものなのか?
 
焼こうと思っている動画のサイズは400MBほどの容量なので700MBの容量を持つCD-Rに収まるサイズではあるが、はたしてCD-Rに焼いたものでも普通にDVDとして見ることができるのか?そこが問題。調べてみるとどうやらそれはできるらしい。そりゃいいや。CD-Rに焼いちゃろ。というわけでCD-Rに焼き付けた。
 
よし見てみよう。DVDプレーヤーにそのCD-Rをセットすると「ミニDVDディスク」と認識され再生が始まった。へー、ミニDVDディスクなんて分類があったのか。新発見にやや興奮しながら見始めたのだが、ウゴウゴウゴ、、、ん?なんかヘンだぞ?映像はちゃんと映っているのだが音声が壊れかけのカセットテープのようにウゴウゴとスローテンポで、しかもブツブツ途切れ途切れだ。あっかーん。
 
だめじゃん。CD-Rに焼けたことは焼けたけど全然だめだめじゃん。改めてDVD-Rに焼いてみるとまともに焼けた。やっぱDVDはDVDじゃなきゃだめなのね。CD-R1枚損したよ。まあ1枚20円くらいのものだけど、10円ケチって20円損したわい。ビンボー人はいやだねえ。
 
 

2019年01月18日(金)   冷凍車


先日仕入れたCDが佐川急便で届いた。お、キンキンに冷えてるね。今の時期はすべてがクール便だ。しかも冷凍。逆に凍らせちゃいけないものはチルド扱いのクール便で送らなきゃだめなんじゃないのかね?普通に送ったんじゃみんな凍っちゃうもん。函館はそこまで冷えないけど、旭川とかマイナス29℃だっけ?ニュースでやっていたけど、マイナス29じゃビールとかも凍っちゃうでしょ?飲料メーカーはどうしているんでしょうか。そこはやはりしっかりと温度管理しているのかな?
 
そういえば凍ったビールで思い出した。もうかなりむかしの話だが、友人と行きつけの居酒屋でビールを頼んで乾杯したところ、なんだかビールの味が妙だった。「あれ?なんかちょっと水っぽくない?」「うーん、そうだなあ、なんかちょっといつもと違う感じだね」いつもと全然違う味ではないのだが、なーんか微妙に妙。
 
「マスター、なんかこのビール、ちょっと水っぽいような感じがするんですけど」
「あら?やっぱそう?それ一回凍っちゃたんだよね。ごめんごめんすぐ交換するから」
 
えーーー?あかんやん。なめられてるやん。こいつらなら一回凍ったビールを出しても気がつかないだろうって思われてるやん。ちょっと印刷ずれちゃったけどこいつだったら大丈夫だべって出された年賀状じゃん。ひでーな。って今になれば思うけど、当時はのほほーんとしていたのか、「あ、そうだったんすかー。なんかヘンだと思ったもん」って別に怒りもせずに笑って済ませたような、遠いむかしの話だから記憶もおぼろげだけど、とくに怒りはしなかったと思う。そりゃなめられるわ。
 
怒ったのは醤油差しの中に蛆虫が大量にうごめいていたときだな。ひーっ!これは別の居酒屋での話だけど、いやぼくは怒らなかったけど「あ」って言葉少なに驚いた程度だったけど、一緒にいたセンパイはめっちゃ怒ってた。だってその人、その醤油をかけた厚揚げを食べちゃってたもん。ぼくはまだ食べていなかったから、驚きはしたけど怒りはなかった。
 
最初からなんかこの醤油ヘンなにおいがするねとは言ってたんだけど、気がつくのが遅かった。いや逆に気がつかなきゃよかったのかもしれない。その醤油はもう何日も前から、そう蛆が湧くほど前からそこにあったわけだから、気がつかずに使った客もたくさんいたことだろう。今だったらツイッターやFBで拡散している事案だね。いやー平和な時代でした、、、ってそういうこっちゃないだろう。
 
 

2019年01月17日(木)   うれしい誤算


先日の、ヤフーショッピングストアのプロフェッショナルプランへの申し込みをしたはいいが、まだ書類が揃わないのでとりあえず保留にしておいた件だが、思いがけずのうれしい誤算があって、本日「審査が終了して出店が確定したことをお知らせします。」というメールが届いた。
 
あれ?まだ書類は提出していないのに、書類はいらなかったの?なんだよ、いやまあよかったよかった。審査書類は来月の確定申告が終わってから提出する予定だったのだが、それを待たずに審査を通過できたようだ。これまで5年間のライトプランでの実績があったからかな?なんかよくわからんけどとにかくよかった。これでぐっすり眠れるよ。たんまたんま、やっぱ間違い!って寝耳に水はご勘弁やで。
 
 

2019年01月16日(水)   全額ポイントで


今月で有効期限の切れるポンタポイントが500ポイントありますよとのお知らせメールが届いたのでまんまと無駄遣い。いや無駄遣いじゃないけど、どうせ失効するのならなんか買っとけってなもんでDVD-R50枚スピンドゥ〜ルをポンタポイントが使えるポンパレモールというネットショッピングモールにて購入。1600円ほどの代金を期限の迫っていないポイントも合わせて全額ポンタポイントで支払った。
 
後日購入したショップから注文確認のメールが届いた。
 
小計:840 円
お値引き:-1596 円(ポイント・クーポン利用など)
配送料:756 円
お支払い総合計:0 円
 
え?お値引き?ポイント利用分は値引き扱いになるので領収書も実際に支払われた金額でしか発行しないとも書かれていた。いやま別に領収書はいらないけど、それってなんかおかしくないか?ポイントで払おうが現金で払おうがお宅が受け取る金額は変わらないわけでしょ?
 
クーポン利用が値引き扱いというのはわかるけど、ポイントは現金と同じでしょ?領収書なしの入金ってことになるんじゃないの?つまりズルじゃん。所得隠しじゃん。私の認識が間違っているのか?私の認識が間違っていたらとんだ大恥なのでショップの名前は伏せておくが、おかしいと思うなー。
 
 

2019年01月15日(火)  


なーんと驚きの雨。この時期に函館で雨が降るなんてこともあるんだね。夕方くらいからぽとぽとぽとぽと降り出した。同じ降るにしても雪と違って雨だとなんだかブルーな気分になるのはなぜだ。わしだけか?夜が深まった頃には雪に変わりました。ふう、ちょっとほっとした気分。わしだけか?
 
 

2019年01月14日(月)   函館ラーメン


帰省中だった姉を函館空港まで送っていったのがちょうど昼時だったので、空港内にある元祖函館ラーメンの看板を掲げているラーメンでも食べて帰ろうかとなったのだが、入口のメニューを見てみるとやたら高い。空港価格なんだろうね。
 
チャーシュー、メンマ、ネギ、麩だけが載ったシンプルな塩ラーメンが850円。それは600円までだわぁ。こだわり頑固親父の特製汗絞りスープってわけでもなさそうだし。味噌ラーメンになると950円だったかな?ちょっと具の多いのは1300円。これから飛行機に乗るわけでもなし、何も無理してここで食わんでもええやろってことでそのまま空港を後にし、帰り道にあった湯の川の「麺や一文字」に入った。
 
ここが本店らしい。タイミングがよかったのか、店は空いていてすぐに入れたのだが、入ってから10分もすると外には行列ができていた。まあ小さな店だからすぐに行列ができちゃうんだろうけど、別に並んでまで食べようとは思わないかな。と言うか逆に並んでまで食べたい店ってのは今のところとくにないです。
 
この店の中心価格帯は800円前後だが、これで800円なら納得できる。空港なら1200円は取られるよ。まあぼちぼちおいしかったです。ぼちぼちやで。やっぱ山岡家かな。山岡家はクセがあるから嫌いな人は嫌いだと思うけど、ぼくは好き。並んでまでは食べないけど。
 
 

2019年01月13日(日)   アイスバーン


函館ではこのところほとんど雪は降っていなくて日中は太陽が照っている日も多いのだが、太陽が照っていても気温は1℃、2℃なので以前積もった雪はそんな急激に溶けるわけでもなく、微妙に溶けた雪は夜になるとまたコチンコチンに凍るので今は町中アイスバーンだ。近所のセブンイレブンの広い駐車場なんて完全にスケートリンク状態であぶなくてしょうがない。滑り止めに砂でも撒いてくれりゃいいのに。
 
ランニングコースにしている函商周りの歩道もほとんどの部分がアイスバーンなので走るにも変に力が入って普段よりも疲れる。腰にくるわ。さすがのスノトレも氷の上じゃ滑る。スパイク付きじゃなきゃだめだな。次に買うときはスパイク付きのやつにしようと思っている今日この頃、この前たまたま通販番組で滑らない長靴を紹介しているのを見た。
 
北海道の会社が開発した優れもので、おおこれはいいな!と思ったのだが、気になるお値段は、一足8000円。うーんんん、ハッセンエンかー。長靴に8000円はちょっとした貴族生活だな。まあたしかに8000円くらい取ってもいい製品のように思えたが、ちょっと足が、いや手が出ない。やめといた。長靴じゃランニングには向かないし。やっぱり次はスパイク付きのスノトレにしよう。まあまだ先の話だけど。
 
 

2019年01月12日(土)   続・ショッピングストア


(今日のは昨日の続きです。)
 
事業者届け?何それ?そんなの届けたことあったかな?ネット検索して調べてみると、商売を始めるときに税務署へ提出する開業届のことのようなのだが、そんなのしたことあったっけ?2年前に函館へ越してきたときに税務署へ行った記憶はあるが、あのとき何しに行ったんだっけ?よく覚えてないけど、事業者届けではなかったと思う。移転届かなんか、そんなんだったような気がする。いずれにしても届出の控えとかそんなものは持っていない。
 
どーするべ?と思ったら、創業何十年などで事業者届けを提出できない人は確定申告書の控えでもいいと書いてあった。あーそうか、やっぱり昔は事業者届けなんてなかったんじゃないの?ネットが普及して個人事業主が増えてきたことでできた割と新しめの制度なのかもしれない。とにかく確定申告書の控えでいいならお安い御用だ。まあ人様にお見せできるようなもんでもないけど、とりあえずこれで書類は揃う、、、と思ったら、受付印の押されているものに限ると書いてあった。えーっ、受付印もらってないし・・・。
 
確定申告書を提出するときに、希望者は控えにも受付印を押してもらえるのだが、控えになんかハンコもらっても意味ないじゃんと思っていつももらっていなかった。それがここにきてハンコ付き控えが必要になろうとは、まいったねこりゃ。
 
税務署まで行って改めてハンコを押してもらおうかと思ったのだが、調べてみると提出時でなきゃだめらしい。後からは押してくれないようだ。どーすっぺどーすっぺ、あ、そうだ!もうすぐ今年の確定申告が始まるじゃん。それまで一時保留にしておこう。今年の申告書にハンコをもらってからそれをヤフーへ提出することにしよう。あと一ヶ月ほど後になるけど、まあいいやね。いろいろとめんどくさいのお。
 
 

2019年01月11日(金)   ショッピングストア


ヤフーショッピングストアにはプロフェッショナル出店とライト出店とがあって、ライト出店は簡単ステップで始められるのが最大のメリットだったので出店募集時にそれを選んで今に至っているのだが、なーんとまさかのライト出店全店閉鎖のご連絡。ライト出店の事業者は今後プロフェッショナル出店へ移行してもらうことになるとの案内が去年の11月頃だったかにきていたのだが、いよいよ具体的にそのスケジュールが発表になった。6月いっぱいで完全閉鎖されるとのこと。
 
プロフェッショナルへ移行希望の人は今すぐにでもお申し込みを!とのことなのでさっそく申し込むことにしたのだが、事務処理上の手続きだけかと思ったら、引継ぎの手続きをするわけではなくて新規に申し込むということらしい。また改めて審査があるんだって。えー?そんなのあり?ライトプランが廃止されるってわかってたら最初っからプロフェッショナルプランで申し込んでたよ、、、ひどいな。まあいつものどおりのヤフーのやり方だけどね。おいしい話で人をかき集めておいて主導権を握ったところでいらない部分を切り捨てていくって手法。
 
とりあえずプロフェッショナルプランを申し込んでみるけど、だめかもわからんね。さっそくネットからの申請は済ませたのだが、あと納税証明書と事業者届けの写しなるものを郵送またはファックスしなくてはいけない。それらが揃ったところで審査を開始するということだ。納税証明書?コンビニで払ったときにもらった半券のこと?と思ったら、役所で申請して取得するもののようだ。住民票を取るときのように。めんどくせー。金もかかるし。事務手数料300円。まあしょうがない、近いうち取りに行くか。納税証明書はいいけど、事業者届け?何それ?そんなの届けたことあったかな?
 
・・・といったところで、長くなってきましたので続きはまた明日にしときます。っていつもの手法。
 
 

2019年01月10日(木)   宅急便コンパクト


はじめて宅急便コンパクトなるものを利用した。60サイズよりもさらに小さな荷物を専用ボックスを使って宅急便と同じクオリティで発送できるというもの。確かに宅急便60サイズよりも安いのだが、たいして割安感はない。同じくらいのサイズなら郵便局のレターパックのほうが断然安い。ただ今回はメルカリで売れた商品だったので割安で宅急便コンパクトを使えたのだ。らくらくメルカリ便といって全国一律380円で送れる。ただし箱代が別途65円。絶対に専用箱を買わなきゃだめなのに箱代を別記している意味がわからんわ。まいいけど。
 
というわけで深夜のファミマへ行ってきた。出荷はファミマからなのだ。クロネコの集荷も頼めるけど、集荷だとさらに+30円。結局高くなるやん、なのでファミマへGO!店舗に設置してある端末で送り状を発行してレジへ。「箱ください。」その場で箱を購入して梱包。先に箱だけ買って帰って梱包してから持ってきてもいいんだけど、何度も行ったり来たりはめんどくさいから送るものをそのまま持ってきた。あ、そうか!だから箱代は別記だったんだ。箱だけ買っておいて荷物を詰めてから持ち込むほうが楽だもんね。って今さら気がついたよ。なるほどなるほど。
 
レジカウンターで箱をもらって組み立てている間、店員はじっと待っていたのだが、組み立てて荷物を詰め終わると店員は、「慣れていらっしゃいますねえ」と声をかけてきた。「え?あ、いや、今日が初めてですよ」「そうなんですか?箱の組み立て方に迷われるお客様もけっこういらっしゃいますんで、それに緩衝材もご用意してきていらっしゃるし」「ああ、そうですねえ」確かに宅急便コンパクトを使ったのは初めてだけど、梱包時の要領は心得ているから、慣れてるっちゃ慣れてるかな。わーい誉められた。出荷完了。
 
 

2019年01月09日(水)   初注文


小岩の紙屋へ今年の初注文。あけましておめでとうございますと挨拶された。そりゃそうなんだけど、なんか照れくさい。年に一度しか使わない挨拶だから言い慣れていないってところが照れくささに繋がるのかもしれない。今年もよろしくお願いしますとも言われて(そりゃ言うよね)こちらも半笑いでよろしくお願いしますと返した。いやー照れ隠しにどうしても半笑いになっちゃう。いかんよなあ。まいいか。いやよくないか、、、
 
それにしてもこの紙屋さんとも長い付き合いだ。2004年からだからもう15年目?函館へ越してきた時にこれでもう取引はなくなるだろうと思っていたのが今でも続いている。こっちにきてから新たな紙問屋を探してみたのだが、結局高い送料をかけてでも小岩のその紙屋さんから仕入れるのが一番安かった。
 
当時近所にその紙屋さんのあることにたまたま気が付いて、歩いて買いに行ったのが始まりだった。「え?手持ちで歩いて帰るの?大丈夫?」とびっくりされたことを覚えている。そのときは500枚包みのグラシン紙を1つ買ったのだが、重さは10キロほどだ。三つ折りにしてもらって抱っこして帰ってきたのだが、持ちにくいったりゃありゃしない。
 
最初は平気だと思っていたのだが自分の店まで帰りついたときには汗だくのクッタクタだった。そりゃ紙屋さんも驚くよなと理解、後悔し、次からは配達してもらうことにした。近所だし配達料はいらないとのことでその後の付き合いが始まって今に至る。今はクロネコで着払いです。
 
 

2019年01月08日(火)   寒い人


気がついたときにはもうすでに締め切られていた。100人に100万円をくれるというあれ。なーんてね。いやーあの社長、やることなすこといちいちあれですなあ。別にいつでも注目しているわけではないけれど、ネットを見ていれば否が応でも情報は目に入るじゃないですか。それらがいちいちあれなんですよ。うーん、さっきから奥歯にピーナッツが挟まっててうまくしゃべれてませんけど、あれですよあれ。
 
ネットからの情報だけで実際の人柄なんてもちろんわからないけれど、それらを見聞きする限りでは、なしだな。3年間同じクラスにいても友達にはなれないタイプ。それはおそらくお互いに。いや実際はわかりませんよ。実際はわかりませけど、たぶんそう。そういえば世論調査のアンケートで、現首相を支持しない理由として、「人柄が信用できないから」というのがいつもトップになっているのを見て、ほんまに人柄を知っとんのかい!といつも思っている私だが、これはたぶんそう。
 
 

2019年01月07日(月)   平常


ようやく今日から世の中は平常運転か?しかし来週には成人の日の祝日があるし、それが済むまでは浮き足立っている感じかね?平常がいいよ平常が。そう思うと今年のゴールデンウイークはいったいどうなるのだろうと今からけっこう憂鬱、ってほどでもないけれど、非日常な日々が長く続くんだろうな。なにしろ元号が変わる一大イベントが重なるもんね。
 
今回のようにあらかじめこの日に元号が変わりますよと告知しておくのはいろいろと準備ができていいと思う。どうせなら今年いっぱいは平成にして来年1月1日から新元号にしたほうがいいのにとも思うが、どうか。もっと言うなら本当は今年の元旦から新元号にすればよかったのにと思っている。それなら平成も30年でキリがいいし、ってそういう問題じゃないのか?
 
昭和が平成に変わったとき、小渕官房長官が平成と書かれたパネルを掲げたあの有名なシーンをテレビで見ていたが、元号ってこうやって変わるのかー、なんだかあっさりしてんなという印象だった。ほとんどの日本人がはじめての経験だったわけで、どんな風にすればいいのかなんて誰もわからなかったのではないかと思う。
 
平成パネルを掲げる演出を考え出した人は、今となればしてやったりといった気分かな?そういえばあの平成の毛筆文字を見たときの印象は、なんか弱弱しい文字だなー、もっとぶっとく力強い文字を書けばいいのにというものだった。さて今回はどんな演出が待っているのでしょうか。時代を反映してデジタルチックな感じとか?
 
 

2019年01月06日(日)   雪少なし


今年というか今期は今のところ雪が少なくて楽だ。先月の中ごろあたりに一度けっこう雪が降って何日か雪かきに追われたが、あれ以来雪かきはあまりしていない。今日もいい天気。雪はちらほらと言った程度だったが、一方札幌辺りは大雪で飛行機も飛ばなくて帰省客が足止めを食らっているとニュースで言っていた。函館から300km程度しか離れていないのにねえ、、、ってまあ300kmも離れてりゃけっこうなもんかな?
 
 

2019年01月05日(土)   ランニングおじさん


ランニングから戻ってきたら年賀状が一枚届いていた。お返事を書かねばならないが未使用の年賀はがきの取り置きはない。今日は土曜日で裏の郵便局も開いていない。しかし今日出さないと相手に届く頃には正月がすっかり明けてしまう。しょうがない、もうひとっ走り行ってくるか。
 
ランニングへ出かける前に年賀状が届いていればランニングがてら本局まで走って行っていたところだが、今ランニングから帰ってきたばかりだしなあとも思ったが、車で行くのも面倒だし、やっぱり走っていくことにした。チャリに乗れればよかったんだけど、あいにくの雪道(アイスバーン)だ。
 
1.5kmほどの距離だから、車でエンジンかけたり信号待ちしたり駐車場に止めたりだとかごちゃごちゃしているよりも走ったほうが速い。いやそこまで速くないけど、たいして時間は変わらないっしょ?せいぜい5分かそんな違いだ。ただ体力は消耗するが、そこは鍛えようぜご同輩。
 
「なんでそんなに鍛えてんねよ?」この前飲んだとき友人に聞かれた。「まあ、健康のためだ」と答えたが、健康のためというのもちょっと違う気もする。大きくとらえれば健康のためではあるのだが、ある程度鍛えておけば結果的に自分の体が楽だから、という部分が大きいかな?ちょっと動いたくらいじゃ別に疲れたりもしないし、最近はストレッチも割とまめにやっているせいか腰痛も出なくなった。
 
さておき、やってきました郵便局窓口。ランニングおじさん現る。「ハアハアハア、インクジェットの年賀はがき、一枚ください。」「え?一枚でよろしいですか?」「はい。」って一枚じゃあかんのか!ほっとけ。
 
帰りに郵便局の隣のラッピでハンバーガーを買って帰りました。あっち行ったついでに買ってきてって頼まれたから。だからラッピにゃ一人じゃよう行かんちゅーに。でもまあよかろう、、というわけで、ランニングおじさん現るイン・ラッキーピエロ。
 
「チャイニースチキンバーガー2つください。」「はい。あとはよろしいですか?」「はい。」ってバーガーだけじゃあかんのか!ほっとけ。バーガー2つを紙の袋に入れてくれたのだが走って帰るからレジ袋のほうがいいかなと思って、「レジ袋に入れてもらっていいですか?」と言ったら「5円いただきます。」とのことなので「あ、そうなんですか?じゃいいです。」紙袋の上の部分を鷲づかみにして走って帰りました。走るラッピおじさん。ほっとけ。
 
 

2019年01月04日(金)   凡ミス


ヤフオクの落札者へ送料を間違えて伝えてしまった。本来400円のところを200円としてしまったのだが、すぐに間違いに気がついて、ほんの1分遅れの追伸でその間違いを伝えたのだが、相手は追伸には気がつかなかったのか200円で決済されてしまった。まあ普通に考えれば気がつかないなんてことはないとは思うが、そこは断言できない。面倒なことになるのもなんなのでそのまま対応することにした。
 
自分のミスではあるが、どうかね?他人のミスにつけこむじゃないけど、私が逆の立場なら心苦しく感じると思うけどな、、、と思ってみたけれど、よく考えてみたら、例えば間違えて釣銭を多く渡されたことに気がついても黙ってるか、、、いやでも今回の場合は間違えた本人が間違えましたと言っているわけだからそういうのとはまた違うんじゃないか?まあいいんだけど、なーんかもやもやするぅ。
 
 

2019年01月03日(木)   後出し年賀状


今年の年賀状は去年の暮れには一枚しか出さなかった。出さねばならないお世話になっている諸先輩方も何人かいるのだが、普段からSNSなどでの交流もあることだしまあいいかな?と思って出すのをやめた。こんな不義理な私にも年賀状をくれる人は何人かいて、恐縮しながらの後出しじゃんけん。
 
裏の郵便局はまだ正月休なので少し離れた本局(今は本局という言い方はしないらしいけど便宜上こう呼びます。つまり集配をしている大きい郵便局)までランニングがてら行ってきた。片道1.5kmほどなので往復でちょうどいつも走っている距離と同じくらいになる。
 
郵便局窓口にランニングおじさん現る。である。ランニングウエア上下姿で頭に巻いたタオルの端がその上から被ったニット帽の脇からはみ出している。「ハァハァハァ、インクジェットのやつ、下さい。」あぶないです。ほっとけ。
 
 

2019年01月02日(水)   ラッキーピエロ


毎年恒例の江差の姥神神社で初詣。姥神はさておき、最近江差にもラッキーピエロ、通称ラッピができたとのことで行ってみた。じつはラッピに入るのは初めて。ラッピとは函館を拠点とした地元では有名なハンバーガーショップだ。しかし私にはあまり馴染みがない。と思ったら、創業は昭和62年だった。なーるほど、昭和62年じゃもう函館にいなかった。上京したのは昭和60年のことだ。昭和60年って平成何年?平成B.C.4年でんがな。1985年だ。どうりでラッピを知らないわけだ。
 
それがここにきて禁断の扉を開いた。エイティオーバーの老夫婦とアラフィフ兄妹2人の円熟4人グループにて入店。ええんか?わしら入ってもええんか?場違いな臭いはプンプンするがカンケーあらへん。ラッキーカツ丼を注文した。ラッピはハンバーガーショップという位置付けだが、実際はファミレスに近い。バーガーショップとファミレスの融合といったお店だ。
 
おお、けっこううまいやんけ。安いのにうまい。しかもボリューム満点。ただこの年になるとボリュームは別にどうでもいいと言うか、これじゃあデカ過ぎる。でもこれなら若い衆に人気があるのもわかる。
 
ここは若者向けのお店だろうと思うが、店側もその辺のことをわかっているのか、店員には年配者を揃えているようだ。店員がみんな年配者だと我ら年配客もあまり抵抗なく入店できるからだ。店内にも55歳から70歳までの従業員募集中の広告がメインで出ていたくらいだからおそらくそうなのだろうと思う。でも次また行くかと問われれば、微妙だのう。とりあえず一人では、やっぱり入りづらいかな?
 
 
 

2019年01月01日(火)   新年


あけましておめでとうございます。函館で迎える3回目のお正月。東京から越してきたのが2016年の10月だったので今年が3年目だ。正月でもやっぱりいつものようにランニングへ出かけ、戻ってきてからそのまま家の前の雪かきをしていると隣の奥さんが車で帰ってきた。ややっ、これはご挨拶せねばなるまい。今年で3年目だというのにほとんど面識はなく、顔を合わすのは年に2,3回あるかないかといったところなのだが、お隣さんだし知らん顔はできない。

「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。」向こうも車から降りるとすぐに新年の挨拶をしてきた。顔を合わすのが家の前でなければおそらく誰だかわからないほどの面識のなさなのに本年もよろしくなんて言われたのがなんだか照れくさく、「へへ、よろしくお願いします。」と照れ笑いを浮かべながら答えると、「もう走ってきたんですか?」「え?あ、はい」「すごいですねー」「あ、いや、どうも」ってバレバレじゃん。
 
毎日走っていることまで知っていたのか。いやー知らなんだ。知らないのはこちらばかりなり。そりゃ2年以上も毎日走ってりゃわかるか?つーか、もしかして近所で有名なランニングおじさんなのか?知らないのは本人ばかりなり〜なのかも。
 
 

2018年12月31日(月)   脳トレ


たまたま見つけたネタだが、「99%の人が間違えた有名企業の入社試験問題」の中の1つで、これはBMW社の問題。「ある人が8ドルで鶏を1羽仕入れ、一旦9ドルで売りました。10ドルで買い戻し、再び11ドルで売りました。いくら儲けたでしょうか?」という問題。制限時間は30秒。さてどうでしょう?カッチカッチカッチ・・・・・ブッブー。タイムアップです。では解答を見ていきましょう。
 
30秒はかなり焦る。そんな短い時間の中で私の出した答えは「プラマイ0」ブッブー、不採用です。この問題の解答は大きく4つに分かれたという。それは「+2ドル」「+3ドル」「+−0」「−2ドル」の4つ。
 
このうち「+3ドル」「+−0」と答えた人は、論理的・数学的に正しくなく、主観的で細かい点を見落としているとみなし不採用。げっ。わしあかんやん、、、
 
「+2ドル」と答えた人は、論理的・数学的に正しく、消費者と投資家に向いているが不採用。「+1ドル」と答えた人は、経営コストの概念を持ち合わせているということで補欠採用。そして「−2ドル」2ドル損をしたと答えた人が優先的に採用とのこと。
 
つまり最初に8ドルで仕入れたものを11ドルで売っていれば3ドル儲けられたのに、何度も売り買いしたことによって1ドルしか儲けられなかった。よって2ドルの損。というわけである。なーるほど、、、って、え?そうか?
 
いやいやいや、11ドルで売れるとわかってりゃ最初から11ドルで売ってるし。いろいろあって売買を繰り返したんとちゃいますのん?と言うかー、入社試験としては、数学的な正解を求めているわけではないというのはわかった。まあ数学的にも間違ったけど。がんばってこ。
 

 
 

2018年12月30日(日)   忘年会


いつもの4人で忘年会。今回はじめて行った居酒屋は「なごや香」。なごやかと読むらしい。なごやっこの方がいいのに、、、よくないか。その名のとおり名古屋の料理をメインとしている。完全個室居酒屋というところがウリらしく、店内はさながら完全個室のインターネットカフェのような異様な雰囲気だ。ただし居酒屋だからやっぱりうるさい。個室と言っても隣の部屋とは薄い襖で仕切られているだけなのだが、それでもある程度プライベートが保たれるので仲間内で飲むには落ち着く。
 
例の1000円飲み放題のクーポンを使って、食いたいものを食いたいだけ頼んでもう十分というほど満足して一人2500円ほど。やっす。店員は、見た目には金髪のにーちゃんとかチャラそうなあんちゃんもいたが、みんなしっかりとした対応をしていて気持ちがいい。やることさえしっかりやっていれば見た目は関係ないんだというのがよくわかるよくできた居酒屋だった。これはありだな。またきます。
 
 

2018年12月29日(土)   細則改定


ヤフオクのガイドライン細則が改定されるとの告知があった。改定は一ヵ月後の1/28からのようなのだが、ガイドライン改定を一ヶ月も前から予告するだなんてこれまでなかったように思う。いつもはせいぜい一週間くらい前とか、ほとんど事後承諾に近いかたちでの発表だったと思うが、今回は珍しいなと思って内容を確認すると、今後は自動出品ツールを使った出品を禁止するというものだった。う”っマジか・・・。
 
ヤフオクで大量に出品していると、自動出品ツールを使えなくなるのは致命的だ。アマゾンやメルカリなら一度出品すればその商品は売れるまでずっと出品されつづけているのだが、ヤフオクの場合は最長3週間で出品は終了する。出品を継続させたい場合には終了したその商品を再出品しなくてはいけないのだが、それが一日に数100件ともなると手動でなんてとても追いつかない。これは困った。もうヤフオクは見切りをつけるしかないのか?と思ったら、その改定予告の隅に「※ヤフオク!ストアは対象外です。」と書いてあった。

なーるほど、これはいよいよストア契約しなくてはいけないってこった。ああそうか、その準備期間も考慮しての一ヶ月前の告知なのかな?とにかくもうストア契約するしか生き残る道はないだろうということで申し込んだのだが、はたして審査が通るかどうか、だめならヤフオク撤退か?
 
 

2018年12月28日(金)   らくらくホン


毎日夜中にBSで日テレニュース24を見ているが、ここのところその時間帯でドコモのらくらくスマートフォンの通販番組が毎日流れている。高齢者向けのスマホだが、現在売り込み強化キャンペーン実施中なのか?まあそれはいい。それはいいけど料金体系を見て驚いた。ただいまウェルカムキャンペーン中につきシニアのスマホデビューを応援しています!機種代込みで最大13ヶ月、月々980円から!おー、これは格安スマホもびっくりのお値段!ただし契約期間が15年の場合です、、、っておい!今日からあなたもらくらくスマホ。
 
 

2018年12月27日(木)   続・ダイソーLED電球


きのうのダイソーLED電球について少し調べてみた。あれだけ安価なLED電球なので興味を持つ人は多いようで、本格的に性能の検証をしているその道のプロっぽい人もけっこういる。それらの検証報告をチラ見した限りで言えることは、ダイソーで400円のLED電球は大手国産メーカーの物と大差はないが、150円の物はそれなりに劣っていると言うこと。とは言っても、全然問題ないっしょ、というのが実感。
 
買った時には気がつかなかったが、400円のものと150円のものとの一番の違いはその寿命だった。400円の方の寿命は40,000時間、150円の方は15,000時間だ。なるほど値段の違いはそこか!と思ったものの、よく考えてみたらつまり同じということだ。単純に計算すれば10,000時間あたり100円と言うことでコスト的には変わらない。
 
さらに考えてみると、40,000時間って何年?ざっと計算したところおよそ4年半だ。ここはわかりやすく1年を10,000時間としよう。そうすると24時間使いつづけて4年は持つということになる。15000時間なら1年半。しかし実生活において24時間使いつづけるわけではない。今回の場合は風呂場用に買ったので、1日の使用時間は多めに見ても2時間ほどだろう。
 
つまり1日2時間の使用なら毎日使っても7500日は使えることになる。7500日って何年?そう、およそ20年です。おい!電球の寿命が尽きる前にこっちの寿命が尽きるわ。まあぼくは100までは生きてるつもりだけど、、ってそれはさておき、要するに150円ので十分ってこと。400円のだと60年も持っちゃうもん。
 
そもそもこの寿命時間ってのも実際に測定したわけじゃないもんね。実際に24時間ずーっと使ってみたわけではなく計算上こうなるはずという数値だ。この規定をクリアしているものは寿命40000時間を謳ってもいいよってだけで、実際はもっと長いかもしれないし短いのかもしれない。
 
ちなみに2012年に当時小岩のお店で導入したLED蛍光灯のうちの2本は、こっちに引っ越してくる時に持ってきて今でも使っているのだが、いまだまったく問題なし。もう丸6年使っているが劣化は感じられない。一日の使用時間は12時間くらいだと思うから、公称の寿命時間まであと2、3年ってところかな?本当に切れる日がくるのだろうか?全然切れる気がしません。
 
 

2018年12月26日(水)   ダイソーLED電球


風呂場の電球が切れたのでこれを機にLED電球に替えようと思ってダイソーまで行ってきた。ダイソーのLED電球は以前一度買ったことがあって、確か300円か400円で売っていたことは覚えていた。
 
ダイソーに着いて入口を入ってすぐのところにそれはあった。あーこれこれ。40Wが300円、60Wが400円だ。うーむ、ダイソーで400円はけっこうな高額商品だな。でもま、ここはケチらず400円の60Wを買って帰ろうとそれを手にとって、ほかにダイソーで買おうと思っていたものを探して店内を回っていると、レジ近くの乾電池を置いてある辺りにも電球が並んでいた。普通の蛍光灯なども並べられているのでここが定番の電球売り場なのだろうと思われたが、そこに並んでいたLED電球は1つ150円だ。え?この400円のやつとどこが違うんだ?
 
入口付近で手に取った400円のLED電球はこれとは別の高級仕様なのかな?と思って2つを見比べてみたのだが、パッケージこそ違え、電球自体には大差はなさそうな様子。こっちの150円ので十分じゃん。アブネーアブネー、高いのつかまされるところだったよ。ここが電球売り場なのに、さっきの300円と400円のLED電球はここには並んでいない。はっはーん、こりゃ在庫処分のズル工作だな。
 
おそらくあの300円と400円のLED電球は以前製造された出始めの頃の在庫なのだろう。最近はもっと安く作れるようになって今はこの150円のLED電球に切り替わったものの以前の在庫は売ってしまおうということで別の場所に並べているのではないのかと推測する。うっかりさんはまんまとそれをつかまされてしまうのだ。ふう、あぶないとこやったで。このズル工作疑惑はあくまで推測だが、だってほかに理由がないもんね。うっかりミスって言うつもり?
 
 

2018年12月25日(火)   広告


うちのテレビ(レグザ)の内蔵ハードディスクがそろそろ寿命を迎えているらしき様子で、急に認識されなくなってしまう症状がたびたび起こるようになってきた。電源を抜いて再起動させるととりあえずハードディスクとして認識するのだが、新規のハードディスクとしてしか認識されず、これを使うには初期化しなければならない。せっかく録りためた番組も全部消えてしまう。説明書にもハードディスクには寿命がありますと明記されているとおり、これはしょうがないといえばしょうがない事態なのだろう。
 
レグザで使えるハードディスクっていくらぐらいするのかなと思って調べてみると、安いところで5000円くらいかな?一般的に人気があるのは1万円くらいの物ののようだ。そんなにするんじゃなあ、とりあえず今使っているやつが完全に壊れるまでこのままでいいかな?
 
それはそれとして、ハードディスクをあちこち見て回ったためであろう、その後ネットを見ていると頻繁にハードディスクの広告が出てくるようになった。閲覧履歴を解析しておすすめ広告を表示させるあの仕組みって、気分悪いよね?気持ちが悪い。今に始まったことではないけれど、いまだに慣れないな。
 
そういう広告を表示させないように設定することもできるので(閲覧履歴を解析しなくなるだけで何らかの広告は表示される)、以前はそれを設定していたのだが、どういうわけかいつの間にか元に戻ってしまうので、もはや無駄な抵抗はやめている。
 
ああいうのやめて欲しいわ。全然自分に関係のない広告が表示されているのならとくに気にならないけれど、自分に関心のあるものが表示されると逆に拒絶反応を示しちゃう。大きなお世話じゃボケって感じ。たまーに、お?これは?って気になってクリックしちゃうこともあるけど、ってまさに広告主の思う壺でんがな。くっそー。
 
 

2018年12月24日(月)   圏外飛ばし


きのうの話の続きだが、メルカリへの出品について調べていると「圏外飛ばし」なる言葉が出てきた。たくさん出品しすぎると業者とみなされて出品しても新着画面には表示されずに後ろのほうへ飛ばされてしまって検索にも引っかからなくなるという、なんでも業者排除対策らしい。
 
えーーー?まじ?ぼくメルカリ始めて半年くらい経つけどそんなこと全然ないけどな。毎日たくさん出品しているまさに業者だけど問題なしだ。一度購入者とトラブルがあったときに運営にお世話になったけど、むしろ業者歓迎のような対応だったな。まあそれは気のせいかもしれないけど、少なくともこちらを業者と認識していたと思うがとくに問題なしだ。今後ともよろしくって言われたし。そりゃそう言うか、、、
 
圏外飛ばしって、そりゃたぶん被害妄想やで。メルカリとすれば大量出品は大歓迎だろう。ただし不正な裏ツールを使った大量出品は、それは排除(アカウント停止)になるのは当然だろうけれど、普通に出品している分には一日に100や200出品したってなんの問題もないはずだ。「飛ばしにあわないように一日10点くらいにしておいたほうがいいです」なんて事を書いている人もいたけど、そんなことしてるから売れないんじゃないの?
 
飛ばしの真相は不明だが、その手の問合せに対しては運営側も相手にしていないっぽい。問い合わせても返事がこないとか言っている人がけっこういるから。まあわからんけど。機械が自動的に業者を判別しているから運営側ではどうしようもないんだとか書いてる人もいるし、こりゃもう一人歩きの都市伝説ですな。信じるか信じないかは、アナタしだい。
 
 

2018年12月23日(日)   出品数


メルカリへの出品点数は日々増えているが、これって上限はあるの?と思って調べてみたところ、出品数に上限はないらしい。ヤフオクの場合はストア契約をしていない一般プレミアム会員ユーザーだと上限は3000点くらい、だったかな?以前一度ヤフオクで上限に達してしまって、これはストア契約に切り替えなくちゃだめかなと検討していたのだが、メルカリへ出品するようになったのでヤフオクへの出品は減った。今はメルカリがメインなのでこれが上限なしというのはよかった。ただ調べていると「圏外飛ばし」なるワードがたくさん出てくる。ケンガイトバシ?なんだそれ?・・・といったところで、雪も降ってきましたので続きは明日にします。って雪カンケーないだろ。いや最近ネタ切れなもんで、、、
 
 

2018年12月22日(土)   恥ずかしい思い出


寝る前なんかに布団に入ってぼーっと考え事をしていると、ふと過去の恥ずかしい言動を思い出して思わず「あ”ーーーっ」と声をあげてしまうことは、おそらく誰にでもあることではないだろうか。私の好きな遠藤周作もエッセイの中でそのようなことを書いていたので、やはりそれは誰にでもあることなのだと思う。
 
私の場合それは、布団に入ってからの寝る前ではなく、湯舟に浸かってぼーっと考え事をしているときによくある。寝るときはもう一瞬で寝てしまうから考え事なんてしていない。たぶん2、3分で眠りに落ちているんじゃないのかな?気がついたら寝ている。いや寝てるから気がつかないんだけど、気がついたら起きる時間になっている。
 
さておき、今日も風呂に入りながらぼーっと昔やっていたバイトのことを考えていたら、当時の恥ずかしい言動が思い出されて思わず「な”ーーーっ」と唸るような声が出てしまった。低い小さな声だったのだが、それに答えるように風呂場の隣の台所から「ナーーーーーーン」と猫のあまちゃんの長い鳴き声が聞こえてきた。いやいやいや、呼んどらん呼んどらん。猫って耳がいいんだね。なんだか恥ずかしかったです。
 
 

2018年12月21日(金)   メルカリカウル


メルカリカウルのサービスが終了した。メルカリカウルとは、メルカリの中でも特に本、CD、DVD、ゲーム、つまり古本屋の取り扱い商品に特化したフリマアプリだったのだが、先日これが終了した。人気が出なかったのだろう。登場からわずか1年ちょっとで終了。
 
メルカリカウルは普通のメルカリとダブっている部分だから、カウルの存在理由はわかりづらかった。カウルから出品した物はそのままメルカリにも出品されるし、え?これいる?と思いながらも、カウルの出品ツールは非常に使いやすく大量に出品する者にとってはとてもありがたいアプリだったのだが、これがなくなって出品に手間がかかるようになった。
 
こんな便利なものなんだからメルカリにそのまま引き継げばいいのに、なんか権利的な問題でもあるのかね?まあないものねだりのアイウォンチュー。今はちまちまやってます。なんて話をされても、で?結局メルカリカウルって何?って感じでしょ?そんなところが終了の原因なんでしょうな。聞いただけではなんだかわけがわかんないもんね。そりゃ人気も出ないわ。
 
 

2018年12月20日(木)   給油口


ほとんど車には乗らないので、いまだに自分ちの車の給油口が車体の右か左のどちらに付いているかはっきりせずスタンドに着いてから戸惑うのだが、そんなの別に覚えておかなくても運転席から一目瞭然ということが、今さらながらわかった。メーターパネルのオイルメーターのところにちゃーんと書いてあるというか印が付いてるんだって。だから例えばレンタカーなど初めて乗った車でも戸惑うことなく給油口がどちらにあるかがわかるのだという。なーるほど。聞いてみるもんだね。聞いたっていうか検索して調べたんだけど。
 
ほとんどの車にはオイルメーターのところに給油マシーンのマーク(アイコン?)がついていると思うが、そのアイコンの右か左に▲マークがついていてそれが右か左かの印なのだ。なーるほど!そういえばそうゆうのあったわ!
 

例えばこれなら給油口は右側
 
この法則を踏まえた上で今日は給油しに裏のスタンドまで行ってきた。スタンドに着いてからさてどっちだったけなー?と本当はもう左側にあることはだいたいわかっていたけどとりあえず学習したての知識を確認しようとオイルメーターを見てみると、えーーっ!▲マーク付いてないないやん!給油マシーンのアイコンはあるけど▲マークは付いていない。おい!どないやねん!
 
いやーすべてに当てはまる法則じゃなかったのね。給油マシーンアイコンがあることはわかっていたから▲マークも付いているものだと思っていたら付いてないんだもん。いざそうなるとあれ?左でよかったんだっけ?ってちょっと戸惑いましたですよ。でももう完全に覚えました。
 
 

2018年12月19日(水)   居酒屋予約


年末の忘年会、というか、稚内勤務の友人が帰省してくるのでいつものようにみんなで飲みましょうというのがこの時期になっただけだが、とにかく30日の夜に集まることになってホットペッパー経由で居酒屋を予約した。インターネットで予約すると割引クーポンが使えてすごくお得だ。逆に言うとインターネットで予約してから行かないとめっちゃ損する。
 
今回使ったクーポンは、通常の飲み放題料金1780円が1000円になるというクーポン。通常1780円ってのもちょっと高すぎるような気もするが、これ予約なしで行って飲み放題にすると実際この金額を取られるのかな?3杯飲んでようやく元を取れるくらいか?まあ3杯くらいは飲むか。でも1780円ならあんまりお得感はないな。だけどこれが1000円ならめっちゃお得。2杯で元が取れちゃうもんね。でも自宅でストロングゼロを飲んでりゃ10本飲めちゃう。ってそういう問題じゃないか、、10本も飲まないし。ってそういう問題でもないね。
 
 

2018年12月18日(火)   爆発


札幌の爆発事故だが、あのニュースの第一報を聞いた時に、出火元は居酒屋だと思ったのは私だけではなかったはず。それがまさかの隣のアパマンショップ。疑ってすいませんでした。それにしてもあの爆発で死人が出なかったのは不幸中の幸いというか奇蹟だな。その点はよかったとは言え、何らかの被害を受けた人はやはりお気の毒。
 
窓ガラスが割れたり車が傷ついたりという被害に対しては爆発を起こした不動産屋で補償してくれるのだろうか?火事の場合だともらい火の損害賠償は火元へ請求できないと聞いたことがある。もらい火泣き寝入り法って法律があるらしい。いやそんな名前じゃないけど、そういう明治時代にできた古い法律が今も生きているらしい。今回の場合は完全に過失だろうから補償の責任は発生するのかな?
 
 

2018年12月17日(月)   4時間の壁


北海道新幹線がついに4時間の壁を破ったというニュース。4時間以上かかる移動には鉄道よりも飛行機を利用する人の方が多いらしく、この4時間の壁をいかにして破るかというのが大きな課題だったらしいのだが、これをついに破ったそうな。これまで最短4時間2分だったところを、やりましたー!3時間58分!っておい!アスリートかよ。
 
4分くらいどーでもええわ。せめて15分は縮めてもらわなきゃゆっくり便所にも行けないわ。と言うか、開業当初から4分くらいなんとかならんもんだったのかね?いや4時間を切ると言うことならあと3分だったのに、そうしなかったのはやはりこの3分がとてつもなく高いハードルだったのだろう。
 
いやー4時間2分が3時間58分になったからと言って飛行機はやめて新幹線にしようとはならないような気もする。私の場合で言うならば、東京へ行くときに新幹線ではなく飛行機を使うのは、スバリ安いから。これに尽きる。新幹線17000円(早割料金)にたいして飛行機だと早割を使うと1万2、3千円くらいだからね。飛行機か新幹線かの境目は4時間の壁じゃなくて15000円の壁じゃないかな?
 
新幹線が東京まで15000円だったなら、飛行機じゃなく新幹線を使うと思う。2000円くらいの差なら多少時間がかかっても新幹線の方がいい。飛行機は乗るまでがセキュリティーチェックやらなんやらでめんどくさいから。搭乗時間の30分くらい前には空港に行ってなきゃだめだし。東京だったら搭乗時間の1時間前に行ってても際どいことがあるもんね。
 
あと飛行中のドリンクサービスもめんどくさい。いらんねん。わずか70分のフライトでコーヒー配られてもよう飲まんわ。まあ飲んでるけど。飲み終わったあとの紙コップも処理に困るし。さらにコーヒータイムのわずかな時間内に機内販売とか、誰が買うねん。たまに買ってるも人いるけど、今買わんでもええやん。空港の売店にでも置いとけって思う。まあ機内で買うのがいいんだろうけど。
 
とまあ本当は新幹線に乗りたいのよ。駅弁食い放題だしね。缶ビールだってプッシューし放題だし。飛行機じゃそうはいかないでしょ?そんなことしてたらYoutubeで晒されちゃうよ。北海道新幹線には時間短縮よりも料金値下げをがんばっていただきたい。今でも相当がんばってるのはわかるけど、もうちょっとで壁は破れるはずだ。
 
 

2018年12月16日(日)   短所


これは自分の短所と言える部分なのかもしれないが、とにかく人から指図されるのが嫌と言うか、主導権を握られるのが嫌と言うか、簡単に言うと頑固じじぃということなんかね?誰がじじぃやねん。そう、なんと言うか、自分でわかっていることを改めて言われるとカチンとくるのだ。誰にでもそういう部分はあると思うが、例えば子供の頃なんかだと、「早く宿題やっちゃいなさいよー」「あ”ーっ、今やろうと思ってたのにー!もうやんない!」ってあの感覚。
 
今日もメルカリの購入者から購入と同時にメッセージが届いたのだが、普通はと言うか、ほとんどの人は「購入させていただきました。よろしくお願いします。」のような気遣いの一言を送ってくるのだが、その人は、「購入させていただきました。よろしくお願いします。さっそくですが、発送はいつ頃になりますでしょうか?」とのメッセージだった。
 
「発送はいつ頃になりますでしょうか?」の一言にカチンときてしまうって、やはりこれは短所なんでしょうな。いつも注文が入ればすぐに「明日発送いたします。」のようにメッセージを送っているので、それが先に「いつになりますか?」と言われると、今言おうと思ってたのにー、な気分なのである。
 
とは言えそんな気分はぐっと抑えて「このたびはありがとうございます。商品は明日発送いたします。」と返事をするのだが、すると当然「かしこまりました。よろしくお願いします。」と返事がくる。これがまた、いや聞かれたから答えたわけじゃないし。聞かれなくても言ってるし。な気分なのだ。まあ粛々と何事もなかったかのように取り引きは進めるけどね。めんどくさい頑固じじぃじゃのお。誰がじじいやねん。
 
 

2018年12月15日(土)   期待ハズレ


久しぶりにジャンクで失敗した。先日話していたヘッドホンアンプの延長で、これは掘り出しもんだろうというのを見つけて落札した。フェルのヘッドホンアンプとそのほかKORGのチューナー2個の合計3個をまとめて900円で出ていた。送料は500円で総額1400円。動作未確認のためジャンク扱いとなっていたが、写真を見た限りでは大丈夫そう。もしだめだったとしても再出品すれば元は取れるだろうと踏んで落札したのだが、3個のうちメインターゲットだったヘッドホンアンプが完全に壊れていた。
 
ほかのチューナー2個は正常だが、これはほとんど金にならない。売れても500円がいいところだろう。メインのヘッドホンアンプがまともに動いてくれてりゃそこそこ儲けられたのだが、これがだめなので完全に赤字。こんな壊れたヘッドホンアンプも「完全ジャンク」と明記して再出品しておいたらとりあえず売れたのだが、焼け石にお湯。水以上になんの足しにもならんってこってす。まあこんなこともあるさ。
 
 

2018年12月14日(金)   すばらしい血液


あっという間の3ヶ月。今日はもう通院日だ。3ヶ月に一度、薬をもらいに病院へ行くのだが、年間4回のこととは言え、やっぱりめんどくさい。せめて4ヶ月に一度にしてもらえないものだろうか?いやほんとうは半年に一度でもいいくらいだが、おそらくそんなに一度に大量の薬は出せないのだろうと思う。3か月分が上限なのか?
 
それでも東京にいた頃は2ヶ月に一度だったから、これでもだいぶ楽にはなった。と言うか、いつまで通院せにゃあかんねん。血液検査の結果はいつもパーフェクトで、今日も先生は「スンバラシイです!」と言っていたくらいどこも悪いところはないのだが、これでいい気になって薬をやめるとたちまち尿酸値が上がるのは目に見えている。前もそうだったから。
 
こっちへ引っ越してきたときに、それを機会に薬を飲むのをやめていたらあっという間に尿酸値はアップしたのだ。やっぱ飲んでなきゃだめなんだなあというのを実感した。目の悪い人にはめがねが必要なように、私には尿酸値を抑える薬が必要なのだろう。必要なのはわかったから、一度に半年分とか一年分とか出してもらえんもんかね?
 
 

2018年12月13日(木)   普通


メルカリに出品していたギターチューナーを買ってくれた人からの私への評価は「良い」「普通」「悪い」三段階評価のうちの「普通」だった。「普通」とは言え、それは客観的に見て落第点だ。とくに問題なく取り引きが完了すればだいたいの人は「良い」と評価をする。いつでも誠意を持って取り引きをしている大多数の人たちにとって「普通」以下を付けられるのは屈辱的なこととも言える。
 
なぜ今回「普通」とされたのか。その理由は評価コメントに書いてあった。「電源オン・オフの操作性が単純でよい。ジャストチューニングの時の表示が小さすぎて、読み取りにくい」ってナンデヤネン。製品への不満をこっちにぶつけるな。わしカンケーあらへんがな。
 
その人はメルカリを利用したのは今回がはじめてだったようなので評価の意味についてはよくわかっていないのだろうとは思うが、迷惑な話だ。私の評価履歴にシミをつけられてしまった。メルカリでは一度ついてしまった評価に対して弁明する余地は与えられていない。やられっぱなしなのだ。
 
まああの評価コメントを読んだ人ならこれは理不尽な評価だとわかるとは思うが、きれいなCDにピッと小さなキズをつけられてしまったような悔しい気分。って毎日CDの手入ればっかりしているもんで喩えがCDになってしまいました。そんな小さなキズなんて気にしない人は気にしないんだろうけど、ぼくけっこうナイーヴやねん。
 
 

2018年12月12日(水)   呼び出しシステム


今日の日テレニュースでは韓国の横柄な客の衝撃映像が取り上げられていた。注文したハンバーガーができているのに呼び出されないまま放置されたことにキレた客が店員にハンバーガーを投げつける映像。その店ではでき上がりは電光掲示板で知らせる仕組みになっていたのをその客は知らずにずっと待ちつづけていてキレたらしいのだが、それはさておき、それを見ていて思い出した。10月に東京へ行ったときのことだ。
 
場所は新宿歌舞伎町。昼時にチャチャっと飯を食おうかと思って通りがかりのチャーハン専門店に入った。店は混んでいるがとくに案内されるわけでもなく、空いている席に勝手に座って注文すればいいようなのだが、忙しく動き回る店員は全然注文を取りにきてくれない。と思ったら、どうやら注文が決まったらテーブルに置いてある呼び出しボタンを押して店員を呼ぶシステムになっているらしいことに気がついた。あーそういうことか、ガッテンガッテン。
 
ということで呼び出しボタンを押したのだがやっぱり誰もきてくれない。まま、こんなに忙しいんじゃ無理もなかろう。しばらく大人しく待っていようと思って待っていたのだが、あとからきた客の呼び出しには即座に応じている。え?おれ放置?おいらの呼出し番号点灯しっぱなしじゃん。なんできてくれないの?もうええ。別にキレはしないがそのまま黙って店を出た。すいませーん!って大きな声を出せばきてくれたのかも知れないけど、そういう雰囲気でもなかったのよね。ほかにそんな大声出して店員を呼んでる客もいなかったし。
 
そんなわけでチャーハン店を出て、ほかに何かないかなーと思いながら新宿の街をぶらついていると、ビルの上階にガストがあった。ガストでいいか。ランチとコーヒーでまったりしようと思ってエレベーターに乗って上階のガストまできてみると3人ほどの先客が順番待ちをしていた。まいいや、ぼくも待とう。ということで、入口付近のイスに腰掛けて待っていると、あとからがやがやとおばさん集団がやってきた。
 
5、6人のグループだったのだが、順番待ちをしている私たちを見ると、「あーこれは、名前書くパターンだね。じゃアタシ書いてくるから、待ってて」と勝手知ったるおばんさんが入口付近に設置してあるノートに名前を書いていた。あーっ、そうやったんか!わし名前書いとらんし。店員もなんにも案内してくれなかったじゃん。
 
そうか、そういやそうだよな。こういう時は順番待ちノートに名前を書くんだった。東京じゃそれが当たり前だから店員もいちいち案内してくれないのだ。名前も書かずにただボーッと待っていた私は順番待ちリストに入っていない。もうええ。そのまま黙ってエレベーターで降りてきた。
 
しばらくぶりの東京で感覚が鈍っていた。そりゃボーッと生きてんじゃねーよって言われるよ。怖か街ばい東京は。もうすっかりついて行けなくなっちゃってんの。結局吉野家で牛丼を食いました。
 
 

2018年12月11日(火)   センター止め


CDはゆうメールで送ると言っているのに、提示された宛て先はヤマトのセンター止めになっていた。いやーそりゃ無理でしょ。クロネコさんがご丁寧に「日本郵便さんからのお荷物お預かりしてまーす」って知らせてくれないっしょ。まあないとは言い切れないけど、あったら怖いラブソングですよそりゃ。と思ったが、いや待てよ?と。
 
もしかしてもしかすると、その人は宅急便センターにお勤めの人なんじゃないのか?それなら郵便を宅急便センター止めにするというのも考えられないこともない。だけどそのときはセンター止めじゃなくてセンター内、だれそれ様って書き方じゃないと紛らわしいだろうね。
 
とにかく確認の連絡を入れた。ゆうメールですので宅急便センター止めにはできません。郵便局止めにならできます。なお宅急便センターにお勤めということでしたらこの限りではありません。と送ったら自宅の住所を知らせてきてくれて一件落着。こっちが気づかずに宅急便センター止めで送ってたらどうなったんだろう?おそらく受取拒否で返送されてくると思うけど、配達する郵便配達員も嫌だろうね。
 
 

2018年12月10日(月)   バックアップ


自分で聴く音楽を取り込んでいる外付けのハードディスクが最近ちょくちょくフリーズするようになった。もしかしたらこのハードディスクもそろそろ寿命なのかもしれない。なにしろ古いノートパソコンから取り外した物で、もともとあやしげなシロモノではあった。完全に壊れる前にバックアップを取っておこうと思って手っ取り早くPCの内蔵ハードディスクへコピーすることにしたのだが何度やっても途中で止ってしまう。嗚呼、もうすでに手遅れだったのか?
 
試しに別のPCへつなげてやってみたがやはりだめ。いつも20%くらいのところで動かなくなってしまう。決まってアースウインド&ファイヤーのところでフリーズだ。ファイヤーのくせに。とここでハタとひらめいた。いつもここで止るってことは?もしかしてこのファイルに問題があるんじゃないのか?アースウインド&ファイヤーのせいじゃないのか?EW&Fサイテーだな。もー聴いてやらん!消しちゃる。と言うことで、と言うことじゃないけど、試しにそのEW&Fのアルバムフォルダーを削除して再度挑戦してみたところ、ヴィクトリー&ファイヤー!完全勝利です。大成功。
 
どうやらそのファイルに何かエラーが発生していたようで、それを削除したらハードディスクも快適になった。使っていてフリーズすることもなくなった。別にハードの寿命だったわけではなかったみたい。いやーそれにしてもよく見つけたよなその不良ファイル。そりゃパソコン博士だべやって言われるわ。まあ偶然だけど。いずれにしてもバックアップは取っておいた方がいいだろうさ。とりあえずこれで一安心。
 
 

2018年12月09日(日)   真冬モード


いきなり真冬になった。先週のあたま辺りはまだ雪なんてなかったと思うが、金曜日の初雪かき以降、連日雪かきの真冬モードだ。缶チューハイももう冷蔵庫には入れない。窓枠のところに置いておけばキンキンに冷える、というか凍りそう。
 
夜になると窓ガラスの霜はガリガリに凍り付いているから外は何度くらいなんだべ?と思ってスマホのお天気情報を見てみたら函館の今の気温はマイナス7℃だって。いやいやいや、ないわー。さすがにマイナス7は言い過ぎだべ。せいぜいマイナス2、3℃だべな。と思うんだけど、あのスマホの気温ってどこで計ってんの?どーもいつも納得できないんですけど。
 
自分で温度を計りたい場所に温度計を置いといてその情報をスマホでキャッチするというシステムはないのかな?なんかありそうな気がするな。簡単にできそうだもんね。カメラの映像を送れるくらいだもん、温度の情報くらいお茶の子さいさいでしょう。ダイソーで売ってくれ。300円くらいだったら買う。
 
 

2018年12月08日(土)   チェーン規制


チェーン規制義務化はもうスタートしたのかな?今月から施行されるらしき噂は聞いていたが具体的にいつからと言うのは知らない。今日のニュースで小耳に挟んだのは、北海道ではとりあえず一年間チェーン規制は見送ることになったというニュース。北海道だば道端に車を止めてチェーンば装着しているうちに遭難するべやというのが理由の一つらしい。たぶんこじつけだろうけど。
 
もうずっと前からスタッドレスタイヤだけでとくに問題なくやってきているのに、ここにきてチェーンを付けろとかって、わしを誰やと思っとんねん、誰さ向ってくっちゃべってんねよ、ということだと思う。とりあえず一年間見送って、来年になったら、ほらやっぱ問題ないっしょ?北海道は対象外ね、という流れへもっていくような気がする。ぜひそうあって欲しい。
 
 

2018年12月07日(金)   雪かき


初雪かき。今シーズン初の雪かきはなかなかの大量除雪。ランニングへ出かけようかと思ったら玄関先には10cmほどの積雪があって、こりゃ雪かかんといかんなと思いながらまずはランニングへ出かけ、戻ってきてから雪かき30分。いつもより余計に運動してしまった。毎日走ったり懸垂したりしているとは言え、雪かき用筋肉はまた別もんだな。明日あたりは全身筋肉痛かも。
 
 

2018年12月06日(木)   山芋と銀杏の掻揚げ


この前拾ってきた銀杏を使って、山芋と銀杏の掻揚げを作ってみたのだが、想像していたほどうまくできなかった。仕上がりのフォルムは想像どおりのおいしそうな仕上がりなのだが、短冊に切った山芋に銀杏を加えただけというのが、ただのイモじゃんって食感と味。イモだけじゃだめだったんだな。もっとほかの野菜も混ぜないと味が単調すぎてつまらん。銀杏もあまり存在感ないし、これは失敗の巻でございました。でもこれでどこをどうすればいいか大方の見当はついた。今度作るときは1つ100円で売れる出来栄えになるだろうさ。
 
 

2018年12月05日(水)   変わり羽子板


この時期のニュースで、流行語大賞と並んで毎年流れるのが変わり羽子板。その年話題になった人物を羽子板に描いているのだが、あの独特の絵柄はわざとか?意識的にああいう描き方にしているのかな?はっきり言って、ブサイクだよねえ?普通だと似顔絵は実物よりも美形に描くものだが、あれは完全にブサイクにされてるじゃん。笑いを取りにいく似顔絵なら特長をデフォルメしてわざとブサイクに描くのはわかるが、これはそういうわけじゃないでしょ?
 
さっきニュースで変わり羽子板を見たのだが、これ描かれた本人たちはどう思ってんだろうなーと思いましたですよ。もっとかわいく描いてよねって、アムロちゃんは思わないのかな?アムロちゃん羽子板を見たときに思わず「えーーーっ?」って言っちゃったもん。猫のあまちゃんもびっくりして振り返ってましたわ。あ、いや、あまちゃんがびっくりしたのはぼくの独り言にですけど。あまちゃんはアムロちゃんの顔は知らないから。
 
 

2018年12月04日(火)   高輪ゲートウェイ


山手線の新駅の名前は「高輪ゲートウェイ駅」に決まったそうな。ゲートウェイて。おそらくこれを聞いた87%の人がゲートウェイはいらんやろと思っていると思う。(87%には根拠なし) ごり押してきたねー。でもまあ後になって振り返ると、ゲートウェイって付けた人、先を読んでたんだなーって、なるかー!ゲートウェイいらんやろ。E電の責任者出てこーい!
 
これで思い出したが、東京スカイツリー命名のときも、内部の人たちは「ライジング」というワードを推していた。ライジングタワーとライジングイーストタワーが最終候補に残っていたのだ。一般庶民は誰もライジングなんて言っていないのに。それでも結局一般投票の結果に従って、東京スカイツリーに決定したのだが、今回はもう一般庶民の投票結果は無視みたいね。誰がなんと言おうとゲートウェイは外さん!という強い意志が現れております。
 
だけど今はまだ聞き慣れていないから違和感たっぷりなだけで、そのうちみんな普通に高輪ゲドウェイって言うようになるかな?国鉄がJRになったときも最初はみんなブーブー言ってたもんね。それで国鉄(国電)に代わる愛称を募集して「E電」になったわけだが、責任者出てこーい。結局JRで落ち着いた。今や国鉄なんて言おうもんなら、おじいちゃんお薬の時間ですよって言われちゃうよ。
 
 

2018年12月03日(月)   ヘッドフォンアンプ


先日友人がパソコンを直しにうちにきたときに、ヘッドフォンアンプが欲しいという話が出て、
「おめえどういうの使ってんねよ?」
「え?おれ?使ってないよ」
「せばギター練習するときどうやってんねよ?」
「いやー、基本的にギターの練習はしないからなー」
 
と冗談のような本当の話をしたのだが、改めて考えてみたら実際最近エレキギターにはほとんど触れていない。たまーに弾いてもアンプに繋いだりはせずに生音でパキパキ弾く程度だ。それでヘッドフォンアンプは持っていないと答えたのだが、よくよく考えたら持っていた。あーそういえばあれがヘッドフォンアンプだな。
 
BOSSのTM-3というもの。ギターをつなげてヘッドフォンで聞けるやつ。まさにヘッドフォンアンプやんけ。いやあもうずっとそういう使い方をしていなかったから忘れてたや。それ自体はライブのときなんかに使っていたのだが、アコースティックギターの音を増幅させるためのプリアンプとしてしか使っていなかった。
 
「あーそういえば、こういうの持ってたわ」
「ちょっと貸してけれ。使ってみてよければおれも買うで」
 
これはかなり古い機材で、20年いや30年近く昔のものじゃないかな?中古相場はどんなもんやねんと思ってヤフオクを見てみると、だいたい1000円前後で取引されているようだ。古すぎて出てくる数も少ないのだが、直近の取引では500円で落札されていた。やっすう。今現在1台だけ800円で出品されていて、友人は私のを使ってみていい感じならこれを落札したいということだったのだが、使ってみたらいい感じなので入札してほしいと代理入札の依頼がきた。
 
おお、いいよいいよ。いくらまでならオッケイ?2000円?まあ2000円なら余裕で落とせるべな。ということで入札を引き受けた。と言ってもすぐには入札しない。うまく落とすにはコツがありまんねん。とまあそういうわけで、ほかにもっといいのはないかなと物色しているうちに自分でも欲しくなってきた。
 
メルカリでフェルナンデスのやつが850円だったので衝撃の衝動ポチリ。送料込みで850円だなんて、こりゃおトクだね。お得だ値!ということで友人には「おれこれ買ったから、それけるわ。」(ける=あげる:函館弁講座) と私のTM-3をあげた。「せば近いうちにラーメンな!」ラーメンさえ食わせとけば喜ぶと思ってやがる。っていやいや、いいよいいよ、いつも不要品もらってるべや。そうこれまでも不要になったゲーム機だとかをもらって儲けさせてもらっているのだ。このくらいなんくるないさー。(沖縄弁。聞きかじり。)
 
 

2018年12月02日(日)   6秒ルール


まーもうもう、驚くというかあきれるというか、ここまで不愉快な気分にさせられたのも最近思い当たらないな。長年にわたりお付き合いいただきありがとうございましたと皮肉と嫌味をこめて最後の挨拶を送ったのだが、向こうはそれを皮肉とは気づいていないのか、わかったうえでさらに上行く皮肉で返してきたのか、このように不躾な作法となりましたことお詫びのしようもございません。こちらの不徳の致す所です。とのこと。不徳というか人間性を疑う。
 
・・・って何があったんやーと思われることでしょうが、まあまあ、こんなことがあったのは今日のことですよという自分のための備忘録です。6秒ルールを意識してみたりもしたけれど、時間が経てば経つほど逆に怒りと憎しみは増すばかりなんですけど、、、 6秒ルールというのは、怒りのピークは6秒なので怒りの感情が起こった時はぐっと6秒堪えれば冷静になれるという説だが、何某さんの個人的な見解です。効果には個人差があります。ってやつ?
 
 

2018年12月01日(土)   パソコン博士


夜遅くなってから友人が「ちょっと見てけれ」ということでパソコンと外付けのハードディスクを持ってきた。ハードディスクドライブを読み込めなくなったとのことで見てみると、「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」との警告が出てアクセスできなくなっている。試しに私のパソコンに繋げてみると、「フォーマットされていません」と出てきて、使うにはフォーマットしなさいと指示される。このパソコンへは初めての接続のためだろう。でもフォーマットしたらあかんねん。データを救出したいのだ。
 
うーん、わからんのお。どうすりゃいいんだべ?わからぬ神に祟りなし。そっとお返ししようか、、、いやいや、こんなときにはグーグル大先生に聞くに限る。「こんな警告出てるんですけど、どーすりゃいいんですかね?」「ふむふむ。チミー、そんなときはこれを参考にしたまえよグルグル」と言うことで参考サイトが見つかったのだが、なんかずらずら長々と難しいことが書いてある。
 
「これ読めばわかるんじゃね?」
「お、せば頼むで」
「えーーーっ、おれが読むってか?めんどくせーべや」
「だっておれ読んだって何書いてあるかわかんねーもん」
 
まあしょうがない。ちょっと読んでみるか。端折り読みでザーッと読み進めていくと、前半はそうなった原因やらファイルの構成やらの解説がつらうつらと書かれているようだ。長いねん。前置きはけっこうですから肝心の対処方法を早く教えてくださいって感じなのだが、ようやく対処方法が出てきた。なるほどなるほど。早い話がWindows PowerShellに「chkdsk f: /f」と打ち込めば修復作業が完了すると言うことだ。ちょっと何言ってんのかわかりませんけど、、、
 
いやいやぼくにはわかりました。「え?これ読んだだけでわかんのか?すげーな。パソコン博士だべや」友人はすっかり感心している。「よし、せばやってみるか」「おー頼むで。おれ外でたばこ吸ってくっから」っておい!まあいいけど。彼もいちおう気を遣ってたばこを吸うときは外へ出る。電子たばこアイコスなんだけど、やっぱりにおいはけっこうするから。
 
ぼくはさっそくWindows PowerShellにコマンドを入力。ん?何にも起こらないな。やっぱだめなんか?と思っていると、ピラピラピラピラピラ。画面に文字がピラピラと猛スピードで表示されそれが止ると、ババーン!外付けハードディスクの中身が表示された。おお!大成功やんけ!こんな簡単なことで直るのか。これを知らずにデータ救済業者とかに依頼すると何万も取られるんだろうな。友人がたばこの一本も吸い終わらないうちに直っちゃったよ。
 
たばこを吸い終えて戻ってきた友人はもちろん大喜び。「ありがとありがと。ラーメンな!」ラーメンさえ食わしとけば喜ぶと思ってやがる。まあそうなんだけど。パソコン博士の経験値がまたひとつアップしました。