No.4853の記事
2019年01月02日(水)   ラッキーピエロ


毎年恒例の江差の姥神神社で初詣。姥神はさておき、最近江差にもラッキーピエロ、通称ラッピができたとのことで行ってみた。じつはラッピに入るのは初めて。ラッピとは函館を拠点とした地元では有名なハンバーガーショップだ。しかし私にはあまり馴染みがない。と思ったら、創業は昭和62年だった。なーるほど、昭和62年じゃもう函館にいなかった。上京したのは昭和60年のことだ。昭和60年って平成何年?平成B.C.4年でんがな。1985年だ。どうりでラッピを知らないわけだ。
 
それがここにきて禁断の扉を開いた。エイティオーバーの老夫婦とアラフィフ兄妹2人の円熟4人グループにて入店。ええんか?わしら入ってもええんか?場違いな臭いはプンプンするがカンケーあらへん。ラッキーカツ丼を注文した。ラッピはハンバーガーショップという位置付けだが、実際はファミレスに近い。バーガーショップとファミレスの融合といったお店だ。
 
おお、けっこううまいやんけ。安いのにうまい。しかもボリューム満点。ただこの年になるとボリュームは別にどうでもいいと言うか、これじゃあデカ過ぎる。でもこれなら若い衆に人気があるのもわかる。
 
ここは若者向けのお店だろうと思うが、店側もその辺のことをわかっているのか、店員には年配者を揃えているようだ。店員がみんな年配者だと我ら年配客もあまり抵抗なく入店できるからだ。店内にも55歳から70歳までの従業員募集中の広告がメインで出ていたくらいだからおそらくそうなのだろうと思う。でも次また行くかと問われれば、微妙だのう。とりあえず一人では、やっぱり入りづらいかな?