個別表示
2021年07月03日(土)   自動チャット


6/27に発送したヤフネコ宅急便がまだ届いていないようで、追跡番号で確認しても確認画面には6/27函館センター発送済みと記載されているのを最後にその後の経過が更新されていない。
 
お問い合わせはサービスセンターまでお願いしますと書いてあるのだがサービスセンターの電話はあの迷惑なナビダイヤルの番号だ。そんなのにかけたくないなあ、、と思ったら、地域や時間帯によりお電話がつながりにくい場合がございます。「自動チャットでお問い合わせ」をご活用くださいますようお願いいたしますと書いてある。
 
おお、自動チャットなんてあったのか。これでいいじゃん。自動チャットはAIが答えてくれるサービスだ。どこまで具体的に対応できるのかはわからないがちょっとやってみよう。
 
「こんにちは。ヤマト運輸です。自動チャットでお答えいたします。問い合わせの内容を以下より選択してください。」
「荷物が届かない」
「ご迷惑をおかけし申し訳ありません。恐れ入りますが各地域のサービスセンターまでお問い合せください。」
「どないやねん!」
「質問の意味がわかりません」
「もうええわ!」
「ご利用ありがとうございました」
(※後半4行はフィクションです。)
 
なんだよ結局センターに電話しなくちゃ駄目なんじゃん。と思ったら「インターネット(メール)で問い合わせる」というリンクが現れていた。おお、これでいいじゃん。
 
「メールで問い合わせる」をクリックすると送信フォームが現れたので質問事項と個人情報を記入して送信しておいた。個人情報は事細かに求められている。イタズラ防止のためか?任意ながら電話番号も記入するようになっている。これ電話番号入れたら電話がかかってくるんだろうな。答えはメールで返して欲しいんだけど、まあいいかとりあえず電話も書いとくか。
 
案の定だ。翌朝電話がかかっていた。8時45分「かけ直します」とのメッセージが留守電に入ったあと9時24分と10時37分に着信履歴があった。早いねん。まだ寝とるわ。まあ10時半には起きてるけどまだ仕事部屋には入っていない。仕事は基本午後からスタートや。
 
また連絡がくるかと待っていたのだがその後連絡なし。夕方5時過ぎになってからこちらから電話してみた。着信履歴からナビダイヤルではない番号がわかったので通話料は無料だ。(楽天モバイルのアプリ通話は全国無料でかけられるのです。ちなみにナビダイヤルなどは対象外。)
 
「あ、アサムラさまですね。電話したんですけど、今日はお休みでした?」
「いや、午前中は電話のそばにいないもので」
 
というやり取りはさておき、その荷物は沖縄宛てだったのだが、空輸はできず陸海輸送になったので時間がかかっているとのこと。それならそうで追跡画面に書いてくれればいいのにと思いつつも文句は言わず、
 
「そうですか。まだ運んでいる最中なんですね。それがわかればいいです。はいはいどーもどーも。ナンクルナイサー」
ということで一件落着。
 
・・・と思ったら夜7時過ぎにドライバーがやってきた。
「なんか電話じゃ連絡がつかないとのことで」
「あ、さっきもう連絡つきました。ナンクルナイサー」
 
だからメールで連絡して欲しかってん。電話だと行き違いでめんどくさいでしょ。もっとIT活用しようぜ。