2020年06月05日(金)   3ヶ月 New!


本日通院日。ほんと3ヶ月なんてあっという間やな。前回は3月の初めだったが、ちょうどコロナがニュースになり始めたころだった。北海道でいち早く緊急事態宣言が出されたのが2月28日だったが、まだみんな暢気なものだった。
 
前回病院へ行ったのは3/6だが、たしかマスクはして行かなかったと思う。先生もマスクはしていなかったんじゃないかな?「コロナには気をつけましょうねー」なんてちょっと冗談っぽく言われたのを覚えている。
 
あれから3ヶ月。あっという間の3ヶ月であっという間に世の中が変わった。今やマスクをつけないで外出するのはパンツをはかないで、とまでは言わないが、男なら上半身裸で出歩いているようなものだろう。厳しく非難されるほどではないにしても人々の視線を集めてしまうくらいには目立つ行為。
 
次の通院日は9月だが、3ヵ月後には世の中どうなっているかな?コロナ終息は、まあないやろね。
 
 

2020年06月04日(木)   未着


メルカリで商品を一週間前に発送しているのだが購入者からはまだ受け取りの連絡がこない。中には意図的に受け取り連絡をくれない人もいるので、とくに問題がなければこちらもとくに受け取り連絡の催促などはしない。連絡がないまま10日間が経過すると事務局で自動的に取引を完了させて代金を振り込んでくれるのでそれを待つ。
 
なぜ意図的に受け取り連絡をくれない人がいるのかというと、事務局で取引を完了させると双方に評価が付かないからだ。評価を付けたり付けられたりするのがいやな人はそうやって評価を回避しているものと思われる。本当はそういう行為はルール違反なのだがヘタに催促してこじれるほうがいやなので私はいつも流している。
 
今回のこの購入者もきっとそういう人なのだろうと思って受け取り連絡がないまま放置してあったのだが、今日になってメッセージが届いた。「まだ、未着です。」 むむむ。
 
このメッセージは事務局からの自動メッセージを受けてのことだろう。発送から一週間目で事務局から受け取り評価をするようにとの催促メッセージが購入者へ自動的に送信されるのだ。そんな余計なことしてくれなくてもいいのに、まあそういうシステムなのだからしょうがない。そのメッセージを受け取った購入者から「まだ、未着です。」と連絡があったのだ。
 
あーあ。めんどくさいことになったぞ。というのも、この人、最初からちょっと変わった人だなとは思っていたからだ。一週間前、商品を発送しましたとメッセージを送ったときに返ってきた返信が . そうドット1つだけのメッセージだったのだ。ドット、つまり点。小さな点1つだけがポチリと届いた。ただの送信ミスか?とも思ったが、とくに訂正のメッセージもないし、違和感を覚えつつもまあ別にいいかと流しておいた。そこへきてこの未着連絡。むう。
 
すぐに宛て先に間違いはないか、間違いがないようなら配達局に確認してみます。間違っていたならこちらに返送されてくるので戻ってきたら連絡しますなどとメッセージを送ると、「いつも遅いので慣れてます。ただメルカリから早く評価しろと催促が来てましたので、それだけです。配達員さんが、送料安い通販は、後回しで、延着が当たり前だそうです。」とのこと。
 
うぐぐ。いろいろ言いたいことはあったが、そこはぐっと堪えて「わかりました。では届きましたらよろしくお願いします。」とだけ答えておいた。おそらく明日あたり受け取りの連絡がくるだろう。
 
それにしてもこの郵便配達員の言葉というのは本当なのか?本当にそんなことを言ったのか?もちろん「送料安い通販は後回しで延着が当たり前」なんてことはありえない話だが、もし本当にこんなことを言っているとすれば、これは日本郵便の監督不行き届き事案だろう。こんなこと言ってるらしいけど、どーなってんの?とクレームを入れてやりたい。入れないけど。めんどくさいから。たのむでしかし。
 
 

2020年06月03日(水)   レッド


東京アラート発令!東京アラート言いたいだけやん、、ってわけでもないんだろうけど、なんかイベントチックに見えてしまう。都庁の真っ赤なライトアップもなんだか得意げ。なんて言うと不謹慎か?でも東京に住んでいたらきっと近くまで見に行ってると思う。不謹慎ですいません。ニュースの映像で見たときキレイやなって思ってしまいました。レインボーカラーよりも真っ赤なほうがぼくは好き。
 
 

2020年06月02日(火)   2020年間ビジターアンケート


いつものようにクロームでウェブサイトを回覧していたら突然「おめでとうございまーす!」の画面が出てきた。パンパカパーン!あなたがディズニーランド1億人目のビジターです!のようなラッキーチャンス到来。クローム利用者のブラウザーアンケート対象者に選ばれたラッキーな人ですのようなことが書いてある。アンケートに答えればアイホン11が当たるかもしれないよとのこと。
 
おーこれはこれは。毎日インターネットばっかりずーーーっと利用してるんだもの、こんなチャンスが訪れてもおかしくないわな。答えましょう答えましょう。質問は4つあるようだ。「Chromeをどのくらいの頻度で使いますか?」いっつもやがな。わてプロやさかいな。

とんとんと簡単な質問に答えていくと、チャラリーン!おめでとうございまーす!大当たり!106,800円のiPhone11proを100円ぽっきりでお求めいただけます!お手続きをどうぞ。急いでー。タイムリミットは2分以内ですよー。クレジットカード番号を入力する画面ではタイマーがカウントダウンをはじめている。ちょちょちょ、ちょっと待ってよー。2分てアンタ。時間が短すぎるやろ。それ急げー!っていやいやいや。
 
ちょっと待てよ?これ本当に大丈夫なんか?グーグル公式のアンケートかと思い込んでたけど、待て待て。クレカナンバーなんて入力しちゃやばいだろ。そもそも100円で買えるって、100円だったらタダでくれてもええやん。わざわざ100円取るってことは、クレカナンバーを入力させたいからなんじゃないの?と冷静になって、タイムアップは迫るけれどとりあえずグーグルで検索。
 
やっぱそうか。詐欺やがな。まあ80%くらいそうじゃないかと思ってたけどね。でもアンケートに答えているところまではてっきり本物のグーグルのアンケートかと思ってました。最後にクレカ情報の入力画面が現れて冷静になれた。わてプロやさかい。でもビギナーならクレカの入力まで行っちゃうんじゃない?本当の初心者なら警戒してクレカなんて入力しないと思うけど、それほどパソコンに詳しくなくてもアマゾンとかでネット通販にある程度慣れている人なら抵抗なくクレカ情報を入力しちゃいそう。要注意ですぞ。
 
 

 
アンケートに答えていくとこれが出現

 
 
上図の「ここをクリック」をクリックすると購入画面出現

 
↓これを入力しちゃったらアウトー!

わては大丈夫。プロやさかい。ふぅセーフセーフ。
ちなみにカウントダウンのタイマーは0になったらまた増えます。
 
 

2020年06月01日(月)   井戸端会議


今日もいい天気で、天気がよくなると近所の奥さんたちが玄関前に出てきて数人でずーっと立ち話をしている。井戸端会議ってやつですか?仕事部屋の窓からその様子はいつも見えていて、それは私がこっちにきてからずっと変わらぬ光景だ。私が越してくるずっと前からのことなのだろう。
 
はじめは別に気にならなかったのだが、なぜだろう?最近なんだか気になってしょうがない。いやぼくも参加したいーってわけじゃなくて、正直申しまして大変恐縮ではございますが、なんだよオメーらいっつもいっつもーって感じ。
 
別にうるさいわけでもないしこっちを見られているわけでもない。こっちが勝手に見ているだけだが、見ているというか窓の外へ視線を移すと目に入るだけだが、なんかイライラするぅ〜。また集まっとんのかい!ってまあ大きなお世話なんだろうけど、これはあれかね?コンビニの前でたむろしている不良たちを目にしたときの感覚に近いのかな?いや恐縮です。こんなこと書いちゃってまさか近所でこの日記読んでる人いないだろうな、、、
 
 

2020年05月31日(日)   夏日


一日中Tシャツ一枚でオッケイな陽気。窓も開けっ放しだ。なんかそわそわするね。そりゃ町中の人出も増えるか。ましてや緊急事態宣言解除ときている。とは言ってもぼく自身は別にどこかへ出かけたいとは思わない。今も昔も自粛生活のような生活スタイル。ずっと家に閉じこもりっぱなしでストレスがたまるとかよく聞くけど、そうかね?まーったくノーストレスだけどな。逆にリラックスできるけど?
 
でもランニング禁止とか言われたらストレスだな。ルームランナーじゃランニングの代用にはならないからね。あんなの一ミリも欲しいと思ったことないわ。ルームスイマーなら欲しいけど。大きな水槽のようなもんやね。前に進まないように腰に紐かなんかつけて泳ぎ続けられんの。プライベートプールがあればいいんだけどセレブちゃうし。まあルームスイマーもそうとうセレブだろうけど。てかそういうマシーンあるの?あったら欲しい。置き場がないか。
 
 

2020年05月30日(土)   時短営業


裏のホクレンショップが時短営業しているのは自粛期間中だけかと思っていたら、5月から営業時間そのものを変更したようだ。今まで夜中12時までだったのが9時45分閉店になっていた。うーむ残念。函館じゃ珍しく夜中までやっているスーパーの一つだったのに。まあめったに利用してなかったけど。月イチで行くかどうかってとこ。ほとんどツルハで済ましてるからな。そもそも昔から9時過ぎだとほとんど客はいなかったしね。そりゃコロナ関係なく時短したほうがいいだろうとは思う。でも開いていればいざと言うときには助かる。いざと言うときっていつやねんって話だけど。
 
 

2020年05月29日(金)   給付


本日給付金の10万円が到着。今日振り込みになる通知は2日ほど前に届いていたが、日付が変わって間もなく振込みになった。いや今か今かと何度もチェックしていたわけではない。振込先はゆうちょダイレクトなので振込みがあるとメールで通知が届くのだ。メールが届いてすぐに確認してみると堂々の100,000の表示。ありがたや。
 
夜になってからさっそくツルハで無駄使い。って嘘やで。無駄使いはしとらん。必要なもの(ストロングゼロ)を購入。でもいつもなら買わないポテチも買った。慎ましきかな。というか、じつはこの10万を見越してすでにかなり使い込んでいる。カード払いで。来月の引き落としが高額だ。でも使い込んでいると言っても仕入れ資金としてだから、無駄使いどころか2倍3倍になるってわけです。なればいいけど。
 
 

2020年05月28日(木)   (笑)


「商品が届きました。梱包が見事で脱帽です(笑)迅速なご対応にも感謝です。ありがとうございました。」評価コメントにいただいたうれしいお言葉だが、え?そこ笑うとこ?「梱包が見事で脱帽です(笑)」
 
いつもどおり普通に梱包しただけだが、厚みを抑えるために4枚のCDを平面に4枚並べて梱包したのが一般的な梱包よりも手が込んでいるように思えるかもしれない。実際多少手間はかかるけど。
 
せっかく誉めていただいても(笑)が付いているとちょっと違和感。そこまで梱包に手間かけるか?という意味での失笑なのか?と受け取ってはひねくれすぎか。それとも「脱帽」なんて大袈裟に言っちゃったよーというニュアンスのおどけた笑いなのか?というかそこまで気にするほうがおかしいね。たぶん深い意味はないのだろうとは思う。
 
個人的には書き言葉に(笑)を使うことはまずない。もちろんそれが表現するニュアンスはわかるし、そのほうが円滑だったりもすることもあるが、その笑いのニュアンスを(笑)だけで表現してしまうのはなんだかラクをしているように思えて自分では意識的に使っていない。ま意識的に使うこともあるけどね。(笑)
 
 

2020年05月27日(水)   閉店


ファミマのATMを使おうと思って、いつもはランニングコースにあるこっちのファミマを利用しているのだが、たまには気分転換にコースを変えようと思って、5号線経由コースにあるほうのファミマまでランニングがてらやってきた。
 
このファミマはパチンコ店の敷地内にあるファミマで5坪もないような小さな店舗だ。パチンコをしにきた客のために用意されたようなファミマなのだがATMは設置されている。いやむしろATMを設置するためにあるファミマなのか?とにかく、以前こっちのコースをよくランニングしていたころにはここのATMを利用していた。今日はかなり久しぶりの来店だったのだが、あれ?閉まってら。
 
そうかパチンコ屋は営業自粛中だからこのファミマも閉めてるのかと思って張り紙をよく見てみたら「長らくのご愛顧ありがとうございました。」と書いてあった。あー潰れたんか。しかも閉店日は本日5/27となっていた。あっらーコロナ禍、か?まあそういうことだろうね。
 
ようやく緊急事態宣言も解除になったというのに持ちこたえられなかったか。あれ?パチンコ屋はまだ営業自粛要請は解除されていないんだっけ?もうオッケイなのかな?なんかやってるっぽかった。店内は外からは見えないからよくわからないけど駐車場には車がいっぱい止まっていた。って平日の昼間になんでこんなにいるねん。