2019年07月17日(水)   摂生 New!


明日は、というかもう今日だけど朝イチで健康診断を受けるので、晩飯以降一切物を口にしていない。別に胃の中を見る検査があるわけではないので食べてもかまわないのだがいちおう空腹状態での血液検査の結果も知りたいので食べないことにした。もちろん今夜はアルコールもなし。いやーなんか調子が狂うな。一日の締めくくりはやっぱストロングゼロでしょ。まあたまにはよかろう。早めに寝るか。ってもう3時回ってるけどね。
 
 

2019年07月16日(火)   健診予約


年に一度の健康診断(国保健診)を受けはじめてもう何年になるだろうか。こんな時の日記帳。検索機能で答え一発。初めて健診を受けに行った時のことも書いてあった。それは2001年のこと。あーあの時のあれが初健診だったのか。あのころは近所の小学校の体育館で地域住民一斉健診だった。その後一斉健診は廃止されちゃんとした医療機関での予約制になって現在にいたっている。
 
そんな国保健診の予約をしてきた。いつものかかりつけの病院だ。予約したいんですけどと受付けへ申し出ると担当の看護士がやってきた。
 
「けっこう混んでるもんですから、、、」
「あ、いえ、いつでもいいですよ」
「えーっとそうですねえ、一番早くて、18日の木曜日になりますねえ」
「はい、その日でけっこうです」
 
・・ってぜんぜん混んでないじゃん。あしたあさってじゃん。2、3週間は先になるかと思ってたよ。というわけで予約完了。どうせ健康体だとは思うけどね。先月3ヶ月に一度の血液検査をやったばっかりだもん。しかも国保検診ではたいした検査はしてくれない。血液検査と尿検査と先生の問診と、あと心電図もとったっけな?そんなもん。まあ無料だしね。
 
そこへいくと江戸川区に住んでいたころの国保健診は手厚かったな。バリウム飲んでの胃がん検診もあったし胸部レントゲンも撮ったし、肺がん検診やら大腸がん検診やら、これらがぜーんぶタダだった。そのおかげで十二指腸潰瘍も見つかった。いやま、隣の芝生は青く見えるもんですよ、って明らかにあっちのほうが青いけどね。人が多いと税収も多くて福祉にも予算が回せるんでしょうな。
 
 

2019年07月15日(月)   月9


フジテレビ系列で放送している月9ドラマは、前作の「ラジエーションハウス」がとてもおもしろかったので、先週からはじまった「監察医 朝顔」も期待して見ている。うむ、今のところぼちぼちでんな。前作を10とすればこれは6くらいかな?って何をエラソーに。まま、感想は人それぞれ。
 
気になるのは山口智子の役どころが「なつぞら」とモロかぶりの件。一緒やん。ああいう演技が得意なのかもしれないがキャラ設定がまるで同一人物。放送時期がずれているならまだしも、朝に出てきて夜にまた出てくるんじゃこんがらがるわ。こんがらがらないけど。どないやねん。とにかく違和感が半端じゃないです。
 
あともうひとつ気になるのは、311東日本大震災を扱っている点。あれから8年が経って、あの日のことを風化させないためにもドラマで扱うのはいいことだなんて言っている人もいるようだが、風化どころかまだまだ生々しい記憶だからねえ。え?それをネタにしちゃうの?という嫌悪感、ってほどでもないけどそれに近い感情は湧いたかな。
 
あの日は東京で揺れに遭遇して、本が全部崩れ落ちて店内がぐじゃぐじゃになったのだが、まあその程度の経験でもいまだにちょっとトラウマになっているくらいだから、津波を体験した人たちの心のうちはいかばかりか。ドラマで扱うのはどうなんでしょう?と思ってしまうが、どうか。
 
 

2019年07月14日(日)   続・三丁目の夕日


きのうの三丁目の夕日の件だが、さらによくよく調べてみたところ、3月にピエール瀧の逮捕を受けて放送中止になった三丁目の夕日は第1作目ではなくて、今回放送された第2作「続・三丁目の夕日」だった。つまり今回放送したのは3月に放送延期とされた分だ。そうかそうだったのか。あれ?ピエール出てこなかったぞ?
 
そうかそういうことか、カットされたんやな。オリジナルを知らないのでどこがカットされたのかはわからないし別に違和感もなかったが、失礼な話やで。製作者の了承を得てカットして放送したのだとは思うが、残念である。おそらくカットされたのは3、4分だと思うが、気になるな。とはいえそれだけのためにわざわざDVDを買って見直そうとは思わないけれど。って失礼な話やで。語る資格なしやな。
 
 

2019年07月13日(土)   三丁目の夕日


月曜日に録画しておいたBSでやっていた「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見た。評判どおりおもろいやないの。ってこれもう12年前の映画なんですね。こわ〜。つい最近話題になっていたような気になっていたが、12年前かあ、そりゃスカイツリーもできるよ。
 
ところでこの映画、「続」なので、いまいち登場人物の関係性がよくわからなかった。第1作目はまだ見ていないから。まあそれがわからなくても十分に楽しめたのだが、それがわかればもっと楽しめただろう。なんで第1作目から放送してくれないの?もしかしてもう放送しちゃった?と思ったら、来週の月曜日にまた三丁目の夕日をやるらしい。
 
ああ来週かあ、でもなんで「続」から先に放送したんだろう?まいいか、見ましょう見ましょうと思って録画の予約をして気づいたことには、来週やるのは「ALWAYS 三丁目の夕日'64」というタイトルのシリーズ第3作目だった。あら?ということはやっぱり第1作目は先々週あたりに放送してたのかな?
 
あっそうか!思い出した。そういえば何ヶ月か前に放送される予定だったのが急きょ放送中止になったんだった。録画の予約までしてあったのに中止になって残念に思っていたんだった。あの時はどうして中止になったんだっけ?大地震かなにかあったんだったかな?と思って確認してみたら、あーそうだったそうだった、中止の原因はピエールだ!そうピエール瀧が薬で捕まって中止になったんだった。あれにはピエール瀧も出演しているから。ピエ〜ルゥ〜なにしてくれてんねん。
 
ということは今後まだしばらくはテレビで放送されることはないだろう。しゃーない。DVD買うか。たぶん安いもんなんじゃないの?と思ったとおりメルカリで450円で売っていた。100円クーポン持ってたから350円で買えた。よっしゃよっしゃ。見終わったら500円で売ろう。
 
 

2019年07月12日(金)   利用規約


「利用規約の更新」という件名のメールが届いた。送り主はMicrosoft となっている。むむむ?なんかあやしいのお。よくあるスパム(迷惑メール)だろうと思ったが、なんか本物っぽい気もする。ちょっとヤフーでググってみたら、あいや、ヤフってみたらやはりどうやら本物らしい。細心の注意を払って詳しくはこちらというURLにアクセスしてみた。ババーン!
 
なんやわからへん。英語だし。オーベーか。すったらもん英語で詳しく説明されてもわからんわ。そこで、「ぐーぐるほんやくぅ〜」(大山のぶ代の声で)そのページをグーグルの翻訳機能を使って日本語に変換してみたらカタコトの日本語で翻訳されてなんとなく内容が理解できた。簡単に言うと子供が勝手に使った分の料金も親の責任で払ってもらいますからねっということが明記されたというのが更新箇所のようだ。なるほど。別に理不尽なことは言っとらんな。オゲオゲ。了解。
 
利用規約って細々と書いてあるけど、そんなの読んでる人なんてほとんどいないっしょ?なんか理不尽なことが書かれていてもわからないよね。コンテンツを利用した時点で利用規約に同意したものとみなしますとされていて、同意できない場合はアカウントを削除してくださいなんて書いてある。要するに使いたければ有無を言わずに同意しろ、いやなら使うなということだ。パソコン(インターネット)を利用する上でマイクロソフトなしの選択は不可能でしょう。Microsoftの良心を信じるしかないけど、ある意味怖いよね。
 
 

2019年07月11日(木)   怒り


メルカリの取引相手のプロフィールを確認すると「基本、怒ると言う事がなくて不思議がられます。」と書いてあった。私は穏やかな性格ですよということをアピールしているのだと思うが、自分で言うか?なんかヘンな感じ。喜怒哀楽、怒りの感情があるのは普通のことで、ないほうがおかしいと思うが、本当に怒ることがないとすれば、それは怒りの感情をほかの感情に変換しているのだろう。例えば悲しみに。それが無意識の自己防衛策なのかもしれない。
 
それで思い出したが、あれはNHKのためしてガッテン!だったのかな?むかしどこかの番組で怒りの検証をしていた。怒らない人はいるのか?の検証だったと思うが、喫茶店で店員がわざとオーダーを間違えて持ってきて、これ違いますよと言った客に対し横柄で理不尽な対応をして怒らせようとする企画だった。それで客が本当に怒り出す寸前にスタッフが飛び出してタネあかしをしてアハハハハという内容だったが、気持ちの悪い番組だった。そういうドッキリ企画だとわかって見ていても気分が悪かった。もし自分がやられたならドッキリだと種明かしされても怒りは収まらず放送できないことになるだろう。
 
「基本、怒らないと言うことがなくて恐れられます。」つまり素直ってこっちゃ。自分で言うか?
 
 

2019年07月10日(水)   音声多重カラオケ


左トラックにはカラオケ、右トラックには歌入りオケという音声多重カラオケなるものがあるが、歌入りトラックの歌をうたっているのは普通その曲の本人ではなくスタジオミュージシャンかボーカルスクールの先生か売れない半プロか、とにかくまあまあそこそこ上手な人が歌っている・・・と思っていたのだが、たまたま聴いたそれは、えー?こんなのあり?逆におもろいけど、、、ってレベルの歌が入っていてちょっとびっくりした。
 
外のパッケージもなんか雑な作りだなとは思っていたのだが、試聴確認してみたところ中の作りも雑だった。そもそもそれを試聴してみようと思ったのもパッケージを見ただけでは内容がよく理解できなかったから。音声多重とは書いてあるのだが音声多重カラオケとは書いていない。「本人の歌唱ではありません。」と書いてあるから音声多重カラオケのようにも思えるのだが、もしかしたらホームセンターとかで見かける誰やねんって人が歌っているジュリーのCDかもしれない。まあこれはジュリーのCDじゃないけど。例えばの話ね。
 
というわけで聴いてみたところ、たしかに右に歌入り左にカラオケの音声多重カラオケで間違いなかったのだが、歌が、、おいおい、逆におもろいけど。あ二回目。カラオケボックスに歌いにきている普通のお兄ちゃんだ。ちょっとものまね入ってるし。別にものまねしなくてもええやん。しかも中途半端なモノマネ。逆におもろいけど。あ三回目。
 
とにかく内容はわかったので、音声多重カラオケですとの説明をつけて出品した。こんなの売っちゃっていいの?なんか出品するのが申し訳ないような気もするがこれは別に不正なものではない。ちゃんとジャスラックマークもついて定価1500円の値段がつけられた正規品だ。罪深いのはこのレベルを商品化したメーカーであろう。ただこのアーティストのカラオケは珍しいので案外すぐに売れるだろうなと思ったとおりすぐに売れた。もうしわけない。いや別にぼくは悪くないっしょ。
 
右トラックの歌のボリュームを絞れば普通のカラオケとして使えるから大丈夫か。オケの作りもちゃっちいかったけど、ぼくのせいじゃないもん。「歌はしょぼいです。」なんて注釈をつけて出品するほうがヘンだよね?逆におもろいけど。あ四回目。
 
 

2019年07月09日(火)   レモンサワーの素


なんとなく気まぐれでレモンサワーの素を買ってしまった。焼酎を割ってレモンサワーを作るあれだ。1リットル入りペットボトルが250円ほどだったが考えてみれば別に安くもない。別途焼酎も必要だから、これならストロングゼロの500ml缶を2本買ったほうがよかったなと少し後悔した。でもまあたまには変わったのもいいかと自分を納得させてとにかく飲んでみた。
 
普通やな。別にまずくはないがうまくもない。いたって普通。難点はアルコール濃度がよくわからないところ。濃度は割る比率によって違ってくるわけだが、どのくらいの比率で割ればいいのかよくわからない。どの比率で割るのがおいしいのかがわからない。薄くしてみたり濃くしてみたりするのだが、なんだかんだでけっこう飲んじゃってる。
 
もう買うまい。
やっぱストロングゼロ一択やで。
 
 

2019年07月08日(月)   Windows Update


Windows10の今のバージョンはもうすぐサポートが終了するから最新版へアップデートせよとのお知らせが表示されていたのでアップデートした。Windowsのアップデートはちょこちょこあるが何年かごとに大規模アップデートがあって今回のがそれだったようだ。
 
めっちゃ時間かかってんの。ちゃんと時計は見ていなかったけど3時間くらいかかったかな?軽い気持ちでとりかかったんじゃおいおいちょっと待てよってことになりかねないのでこれからアップデートしようかと思っている人はご注意ください。PCを使う予定のないときにアップデートを始めてそのまま放置しておくのがよろしいかと。って大きなお世話か。で、アップデートは無事に終わったのだが、どこが変わったのかはよくわからんです。