2018年10月19日(金)   コンサート New!


全国各地の大ホールで月に十数本もライブをやっているんだから、そりゃ埼玉アリーナだからってそんなにどどっと客は集まらないんじゃないか?地方の人はそんな無理して上京しなくてもケンジは地元にやってきてくれるんだから。
 
客の入りが悪いからということでコンサートをドタキャンしたという沢田研二の話はどうもいまいち解せない。本当はもっと別の理由があるんじゃないのか?と勘ぐってしまう。だいたい9000人が7000人になっても見た目はたいして変わらないんじゃないの?こないだのチューリップの国際フォーラムでのコンサートなんて5000人の満員御礼でみんな大喜びだったというのに。みじめか。ほっとけ。
 
かつてチューリップは日本一のライブバンドと言われた。年間100本以上のコンサートを毎年行っていたが、どこへ行っても観客はいっぱいで、「おれたち人気あるんだなあ」と思っていたら、バンドと一緒に客も各地を転々と移動していただけだった、、、なんていう財津さんの自虐ネタもあるが、どこへ行っても3000人入ればすごいことだ。いや1000人でもすごいよ。
 
ところで今さらチューリップコンサートの話だが、あの日は雨が降っていた。傘は持っていなかったから、有楽町駅から国際フォーラムまで雨に濡れながら歩いた。座席はかろうじて一階席だったがステージから遠く離れていることは事前に見ておいた座席表で知っていた。それでも十分だった。
 
今回は一曲目から、うわーこれをやるかー!というサプライズがあると聞いていたから、いったいどの曲をやるんだろう?といろいろと予想していたのだが、結局予想通りのあの曲からはじまって、なーんだ、とサプライズどころかちょっとがっかり。まあいいんだけど。どんだけマニアやねん。
 
コンサートは実際マニアが喜ぶ選曲で構成されていて大変楽しめた。逆に「心の旅」と「虹とスニーカーの頃」と「青春の影」くらいしかしらないファンにとっては退屈だったかも。まあチューリップのファンはそのほとんどがマニアックだからな。コンサートツアーにくっついて回るくらいだもん。
 
そういえばかつてハワイでのライブといのもあった。ファンと一緒にハワイへ行ってハワイでライブをするという企画。ただのハワイ団体旅行やがな。そのころぼくはまだ中学生だったからもちろん行けなかったけど、本当は行きたかった。どんだけマニアやねん。
 
先日の毎年恒例となっている自分のバンドの自主企画ライブだが、打ち上げの席で、ライブ・イン・函館はやらないのかと一部の人に聞かれた。いやそっちからツアー組んでみんなで函館まで来るんだったらいくらでも企画するよ。打ち上げはいか太郎で。そうなったら楽しそうだけど、現実的には難しいだろうね。
 
 

2018年10月18日(木)   ジャンク!


夕べ夜中にメルカリで購入したウォークマンの出品者からメッセージが届いた。「確認ですが、この商品はジャンク品で動作確認もしていないので、本当によろしいですか?」とのこと。
 
えー?それは承知のうえだけど、あらためてそんなこと聞かれたんじゃ戸惑うわ。こんな壊れてる物ホントに買うの?ってこと?まあ買いますけど、出品者自身が気遣うほどにジャンクってことか?あとから文句を言われないために布石を打ってきたのだとは思うが、あらためて言われると不安になっちゃうね。
 
ジャンクは承知のうえで購入しましたと答えると、明日発送しますと返事がきた。はたして当たりかハズレか、当たりの自信がちょっと揺らいできたな、、ま、その時はその時。なるようになるさ。
 
 

2018年10月17日(水)   イチかバチか


いつもランニング時に使用しているイヤホン一体型ウォークマンは、ずいぶん前から左側の聞こえ方が悪くなっていたのだが、ついに完全に聞こえなくなった。音は右側からしか出ていない。これはもうだめだね。買ってからおよそ5年。まあ5年も使ってりゃ十分か。よし買い換えようと思ってアマゾンで探してみると、けっこうお高い。最新型で2万近く、型落ちのものでも1万くらいする。
 
こんな高いの買えないなあ、でも中古はいやだし、、と思いながらヤフオクやメルカリで探してみると、メルカリで「6年前に貰いましたが使わず保管していました」という新品同様の品が2000円で出ていた。動作確認をしようかと思ったら電源が入らないためジャンク扱いだという。
 
うむむ、これは微妙だな。商品画像を見る限りはほぼ新品に見える。電源が入らないのは長年放置していたせいで充電池が空っぽなのだと思うが、粘り強く充電すれば回復しそうな気もする。一応充電を試みたらしいが出品者は機械音痴であまりよくわかっていないっぽい。どーすっぺ?これは賭けだな。ハズレか大当たりか。でも古本屋(古物商)の直感からするとこれは当たりだ。よし行ったれ。ポチリ。
 
メルカリの500円クーポンを使って1500円にて購入。どうか当たりますように。まあハズレてもジャンクとして出品すれば半分くらいは回収できそうな気もする。いや案外1500円以上で売れるかも。たぶん当たりだと思うけどね。こりゃラッキーだったわ。って取らぬ狸のぽんぽこりん。
 
 

2018年10月16日(火)   動画の編集


先日のライブはスマホのカメラで動画を撮影したのだが、映像はバッチリ撮れていたものの、音はバリバリに歪んでいた。まあそうなるであろうことはわかっていたけどね。事前にカラオケボックスでカメリハしたときもそうだったから。
 
わかっちゃいたけどどうしようもなかった。だってスマホのアプリには入力レベルを調整する機能が付いてないんだもの。機種によってはそういうことのできるものもあるのではないかと思うが、今回使用したスマホではできなかった。
 
そういうこともあって録画と同時にハンディ・デジタル・レコーダーで録音もしておいた。あとでスマホの映像とこのハンディで録った音声を合成しようというわけだ。このハンディは驚くほどきれいに録音できる優れもので、実際録音した音を聞いてみるとまるでその場にいるような臨場感で録音されていた。リアルすぎて恥ずかしい。演奏ぼろぼろやん、、恥ずかしー。イェーイ!じゃねーべ。
 
さておき、この音声と映像を合成するという作業がなかなかめんどくさい。今のところまだ着手していない。近いうち暇を見つけてやろうかと思っているのだが、けっこう暇がないのよね。暇そうに見えると思うけど。貧乏暇なしってやつですか?
 
 

2018年10月15日(月)   ゆとり運転


今日はちょっと車を運転したのだが、前方で対向車が右折して路地に入ろうとしているのが見えた。その車は通過する対向車の途切れるのをセンターライン近くで止まって待っているのだが、こちらの車線は案外混んでいてなかなか途切れない。ちょうど私の車がそこへ差し掛かる頃には前方の信号が赤になりそうだったので、ちょっとスピードを落として前の車との車間距離を開けて、さあどうぞ、今のうちにお曲がりなすってと右折のチャンスを作ってあげたのだが、その車はいまいち戸惑って曲がろうとしない。
 
まあええよええよ、焦らんと曲ったってや。こっちはこのままゆっくり行くさかいな、と妙な大阪弁で思っていると、その曲がろうかどうかと戸惑っている車に追いついてきた後続の車が、プップップップップーとけたたましくクラクションを連発しながら近づいてくるではないか。おら!さっさと曲がらんかい!ということだろう。そのクラクションにこっちがイラーッときて、「お前がアホじゃボケー!(なぜか関西弁)」と言いながらそのクラクションの運転手をビシーっと指差してやったのだが、相手はその指差し確認には気がつかずに走り去ってしまった。
 
まったくもうもう、ちょっとくらいモタモタしてても止まって待ってやりゃあいいじゃん。腹立つなあ、ああいうやつ。と思いながらふとバックミラーで後方を確認すると、さっきまですぐ後ろにいた後続車がぐーんと後ろを走っていた。おそらくさっきの指差し確認を見たのだろう。こいつはやばいやつだと思われて車間距離をとられたに違いない。おいおい頼むぜ。こんないいやつなかなかいないよ。どいつもこいつもまったくよお、失礼しちゃうぜ。
 
 

2018年10月14日(日)   新函館北斗駅


東京から新幹線で帰ってきたが、北海道新幹線の現在の終着駅、新函館北斗駅から函館市内まではまだ20kmほどの距離がある。うちからだと車で30分はかからないほどの距離だから車で迎えにきてもらってもよかったのだが、電車の方が楽なので「はこだてライナー」に乗り換えて五稜郭駅まできた。乗車時間は15分ほど。言わば浜松町と羽田空港を結ぶモノレールのようなローカル線だ。(関東地区在住者にしかわからない例えかもしれないけど。)
 
それはいいんだけど、あーそうか、スイカは使えないんだ!ということをあらためて知った。suicaはJR東日本のマネーカードだから北海道じゃ使えないのだ。はこだてライナーへ乗り換えるときにスイカを使おうかと思ったら使えないと言われて気がついた。カードの残高があと数百円でよかったよ。いっぱいチャージしてあったら凍結口座状態になるところだった。まあそんなにチャージする資金はもともと持ってないけど。
 
それはそうと新函館北斗駅。のどかやねえ。新幹線の改札へと続く駅の入口はたしかに立派よ。でもちょっと裏を覗くと、のどかちゃんのお庭じゃん。いやーつくづく新幹線をここで止めたのは失策だと思うね。函館まで引っ張るべきだったと。でもこの話題はタブーとなっているようで、函館市役所に勤める高校時代の同級生と飲んだときにこの話をしようとすると「それはもう決まったことだから。決着のついたことだから」とそっけなく言うだけで話題をそらされた。どんな裏事情があるのかは知らないけど、もったいないなあと思うな。
 

新函館北斗駅在来線ホーム
 
 

2018年10月13日(土)   キッチンスケール


郵便物の重さを計るのにはいつも針式のハカリ(キッチンスケール)を使っているのだが、微妙な部分はあやしげだ。郵便物をハカリの皿に載せたときにちょっと右や左にずらして置くと1、2gくらいは平気で違ってくる。郵便局はけっこうシビアだから1gオーバーでも大目にみてくれなかったりするのでデジタルの正確なやつを買った。まあ安もんなので正確なのかどうかはよくわからないが、とりあえず1g単位で計れるデジタルのキッチンスケールだ。メルカリで新品未使用の品が1000円だったので、500円のメルカリクーポンを使って500円にて購入。
 
さっそく届いたので開けてみると、えー?新品ちゃうやん。明らかに使用感ありありじゃん、、、なにしろ飛び散ったソースのようなものがポツポツと付着している。全体的になんだか油っぽいし。どー見たってキッチンで使用してたじゃろ。きれいに拭いてきれいに梱包すれば新品でも通用しそうな状態ではあるけれど、そのまんまビニール袋に入れ戻して送ってきただけって感じ。まあとくに状態が悪いわけではないから別にいいけど、新品だと思っていただけにがっかりだ。
 
だからと言ってこれで出品者に対して「悪い」の評価をつけたりはしないけれど、「良い」と評価しながらもとりあえずコメントにはソースのようなものが付着していてがっかりした旨と商品の状態は正確に記載するべしと忠告しておいた。その出品者の評価を改めてみてみると似たようなことはこれまでもけっこうあったようで「普通」の評価も多い。
 
しばらくして出品者からメッセージが届いた。「この度はありがとうございます。購入したものの、使用した事がなく、出品しておりました。付着物有無もう一度確認すべきでしたm(_ _)m」だって。もうそんなしょーもないいいわけはええねん。うそつきは嘘を成立させるためにさらに嘘をつくしかないんだろうね。寒いわ。ハカリ自体はとくに問題なく使えてるからいいけど、問題はそこじゃない。まいいか。いいけど言っとく。
 
 

 
 
 

2018年10月12日(金)   10月4日の日記


東京の旅日記を書いていたのだが、あれからもう一週間が経ってしまって、なんかもう今さら〜って感じになってしまったので書くのをやめた。でもせっかく書いた分をボツにするものなんなので、書いた分だけアップしておきます。まあたいしたもんじゃございませんが、とりあえずこちらです。
 
 

2018年10月11日(木)   再見直し


今月から特約ゆうメールの運賃が上がったのだが、なーんと、まさかの運賃再見直しのお願いとやらが届いた。マジか、、、新運賃は今月から始まったばかりやないか。事実上これはお願いではなく通達だ。いやだと言っても通らない。いやならもうできませんと言われておしまい。値上げされても一般料金よりははるかに安いので甘んじて受け入れるしかあるまい。うーむ、つらい立場じゃのお。
 
具体的にいくらになるのかには言及されていなかったので電話をしてみた。値上げは来年の4月からということで、見積書を送りますとのこと。ご覧いただいて何かありましたらまたお電話を、と言うので、検討の余地はあるんですか?と聞くとそれはないと言う。それじゃあ電話しても意味ないじゃん。つらい立場じゃのお。
 
その見積書が本日届いていたのだが、見てみると今月から適用されている運賃とまったく同じだった。あれ?値上げされてないじゃん。どーゆーこと?もう値上げになってることに気づかず向こうで勘違いしてたのかな?と思いながらよくよく見てみると、4月からの新料金は税抜きで記載されていた。税抜きで今の料金と同じ。つまり今よりも8%値上げされると言うことだ。なんだその目くらまし。今までの見積書はいつも税込みで書いていたくせに、ずっこいやっちゃの。でもまあその程度の値上げで助かった。つらい立場じゃのお。
 
 

2018年10月10日(水)   体力


いやはやこれが歳食ったということか。ちょっと東京へ行ってきただけなのに疲れちゃってんの。函館に戻ってきてもう3日目だというのに、いまだになんだかダルーって感じ。おそらくあと一日で完全に復調すると思うが、こんなことって今までなかったのに。いや去年まではこんなことはなかった。今年になってからかな?今年のゴールデンウイークに稚内へ行ったときも帰ってきて3日は疲れが抜けなかった。体力の衰えは急激にくるもんなのかね?老眼も急激にきたからなあ。
 
それでも私は、ランニング、筋トレ、ストレッチはほぼ毎日欠かさずに続けていて、わりと体は鍛えられているほうだと思うが、それでこれなんだから、同年代のとくに何もしていない人たちだともっと疲れてんのかな?そういえば一緒に稚内へ行った友人は帰ってきてから三日間寝込んだと言っていた。
 
今度はバイクで東京まで行きたいなあと思っていたけれど、こりゃやめといたほうがよさそうだ。大きなバイクで高速使うならまだしも、スーパーカブでなんて言ったら、これぞまさに年寄りの冷や水ってやつでしょう。それでも2年前にスーパーカブで東京からやってきたときは楽しいばかりで全然疲れなんて感じなかったんだけど、やはり体力の衰えは急激にやってきたのだろう。グラフで見ればアルカリ電池が切れるときのようにいきなりガクンなんだろうね。ま、しゃーない。