2017年07月10日(月)   扇風機


例年なら、ちょうど今ごろ帰省してきていた頃だ。毎年7月の三連休の前の週末に帰省していたから。この7月10日前後に帰省してくると、こっちの人はみんな暑い暑いと言っていたのだが、東京からひょいとやってきたわたしには信じられなかった。暑い?まあ寒くはないけど暑くもないよね?実際夜になるとちょっと寒いくらいだったもん。ところがどうだ。今年は一味違うぜ。暑い!これは絶対に暑いと思う。今日の仕事部屋は34度だったもんね。34度じゃ東京でもエアコンなしじゃいられない暑さだ。でもうちエアコンないし。
 
たしかに暑いんだけど、これは湿度の関係なのかな?エアコンなしじゃ過ごせないほどの暑さではない。風が通れば涼しい。東京だったら風が吹いても熱風が吹きつける感じだったもんな。まあああいう暑さも好きだったんだけど、ってそれはエアコンありきの軽口か?
 
そんな東京に勝るとも劣らぬ暑い函館ですが、きのう立てた予定通り、裏のベスト電器まで扇風機を見に行ってきた。でかい電器屋なんだけど、人少なっ。午後3時前という時間帯だったこともあるとは思うが、客が少なすぎて店内を歩くだけでもこっぱずかしかったですよ。「いらっしゃいませっ」ひぃ〜声はかけんでもええ、そっとしといてくれ、、、
 
店員の視線を感じながら扇風機売り場まできて見ると、案外安い値段で扇風機が並んでいた。お目当てのクリップ式のやつは2500円前後のものが多い。そんな中でひときわ安かったのが1980円のそれ。ただし値札には現品限り展示品価格と書かれていた。うーむ、展示品かあ、まあ別にこれでもいいかな?と思いながらふと在庫の棚を見ると、その1980円の扇風機の箱が置いてあった。この展示品の空き箱かな?と思いながら手にとってみるとちゃんと中身が入っている。
 
あれ?展示品以外にも在庫があるじゃん。これは展示品価格ではないのかな?まあいいや、とりあえずこれをレジまで持っていこう。ということでそれを持ってレジに出すと普通に1980円だった。しかも会員カード割引で10%引きの1780円。消費税がついて1922円。なんか得した気分。あとでアマゾンを見てみるとこれと同じ物は2300円くらいだった。いやーよかった。リアル店舗もまだまだ捨てたもんじゃないな。
 
さっそく使ってますけど、いい感じ。ただちょっとうるさい。PCのファンの回る音さえもうるさいと感じるナイーヴなぼくちゃんだから扇風機の回る音はかなりうるさく感じるが、たぶんこれが普通。けして安物だからってわけじゃないと思います。クリップ式としても卓上式としても使えるところがいいね。クリップ式を卓上式に変えるこの台座の部分?ちょっとしたアイディアなんだけど、この部分だけを500円くらいで販売すればけっこう売れるんじゃないかな?これは便利です。
 

クリップ扇風機
 
 

2017年07月09日(日)   夏きたる


さすがに室温が30度になると暑い。それでもまあクーラーなしでも過ごせる、というかクーラーはないんだけどね。扇風機も居間にしかないから仕事部屋は窓から入る風だけだ。まあ風が入ればそれだけで十分ではあるんだけど、今日はほとんど無風状態だったのでちょっと厳しかった。じっとしてても汗が出るってほどではないけど。
 
困るのは風呂上りだ。せっかく風呂に入ったのに汗が止まらない。ここは扇風機がほしいところ。あとお歌の稽古のとき。狭い防音室はサウナ状態なのでこれはかなり厳しい。室内は35度超えてるもんね。ここはやはり扇風機でも買うか。クリップ式の小さいのでも一つ。クリップ式扇風機はいっぱい持ってたんだけど、こっちに引っ越してくるときに全部捨ててきた。1つくらい持ってくりゃよかったよ、、、ってあとの祭り。
 
さっきアマゾンで見てみたらクリップ式の扇風機もけっこうすんのね。安いのでも3000円くらいする。昔どっかで980円くらいで買ったことがあるような気もするけど、記憶違いかな?とりあえず明日うらのベスト電器にでも行って見てくるか。安いのがあればいいんだけど。どうせ使うのはせいぜいひと月くらいだし。
 
 

2017年07月08日(土)   ニアミス


きのうのこと、代金を振り込みましたとの連絡をもらったのだが口座には入金が反映されていなかった。3時前のことだったので、通常ならリアルタイムで入金は反映されるはずなのだが、何か手違いがあったのだろうかと思って、入金されていない旨を相手に伝えると、確認してみたが間違いなく入金しているとのこと。原因はわからないがとにかくもう一度振り込むとのことで、別の銀行へ振り込んでくれて無事に商品を発送できたのだがなんだか申し訳ないような気もする。こんなことってあっていいのか?システム障害?だけどそんな情報は出ていなかった。
 
今日になってその人から原因がわかりましたと連絡がきた。振込先名義のアサムラをマサムラとしていたとのこと。そこかー。おしい!ほんのちょっと角度が違ったね。アとマ、あと30度くらい傾いていれば、、ってそういうこっちゃないだろ。銀行から電話がかかってきて月曜日に振り込まれますと報告を受けたという。とにかく原因がわかってよかった。月曜日に返金してあげよう。
 
 

2017年07月07日(金)   七夕


七夕。この日、子供たちは歌をうたいながらロウソクをもらい歩くという函館特有の風習がある。いつから始まったものなのかは知らないが、わたしも子供の頃には回っていた。もともとはロウソクをもらっていたのだが、いつの頃からかロウソクはお菓子に変わった。しかし歌う歌は昔のまま変わらず、ロウソクの名残をとどめている。
 
♪竹に短冊 七夕祭り 大いに祝お
♪ロウソク一本ちょうだいな!
 
30数年ぶりにこれの生歌を聞いた。いやー和むねえ。仕事部屋からこっそり隠し録り。音声だけね。今の時代、こっそり動画を撮っちゃったりしたんじゃヤバイでしょ。通報されるわ。
 
♪竹に短冊♪ ←生歌をお聞きください。
(音量注意)
 
昔は一軒一軒軒並み回ったものだが、今は、笹の葉飾りを玄関先に出している家だけが回ってもいい家というルールができていて、子供たちはそれを目印に回っている。うちももちろん笹の葉飾りを出しているが、わたしは仕事部屋からこっそり聞き耳を立てるくらいで対応はしない。根暗か。いやまあそういうわけでもないけど、ぼくが出たんじゃみんな怖がるでしょ?実際はぜんぜん怖くないんだけど、初見は目をそらされちゃうタイプだから、、、ってほっとけ。
 
強面はさておき、聞き耳を立てていると、子供たちはうちの次にお隣へも行くのだが、お隣さんの笹の葉飾りは小さいらしく、みんな「あ、小さーい」とか「あ、かわいいー」とか必ず言っている。わんぱくな男の子は「ちっちぇ!」なんて無遠慮に言っちゃったりして、付き添いのお母さんは焦って「しっ!」なんて言っちゃってるのがこれまたおもしろかった。「これ、ちっちゃいって言うんじゃなくてかわいいって言うんだよ」なんてあわててフォローしてるのがおもしろさに拍車をかける。って根暗かっ。何聞き耳立ててんねん。
 
あんまりみんなが小さい小さいと言うもんだから、どんだけ小さいんだろうと思って窓から覗いてみるとそれはあった。「ちっちゃっ」思わず口をついて出てしまった。だって想像をはるかに上行く小ささだったんだもん。小さすぎて和んだわ。たしかにこれは小さいって言うんじゃなくてかわいいって言葉がぴったりだ。意識的にしたことなのかただ単にめんどくさかったからなのかはわからないが、いいわー。いいセンスしてるネ!思わず隠し撮り。根暗かっ。
 

 

 
 

2017年07月06日(木)   小岩の紙屋さん


注文しておいた紙が問屋から届いた。当店の主力商品グラシン紙だ。仕入先の問屋は東京にいた時と同じ小岩の紙屋さん。もう長い付き合いになる。日記をさかのぼって調べてみたら始まりは2004年のことだった。かれこれ13年?函館にきてまで取り引きが続くことになるとは夢にも思わなかった。
 
出会いは偶然だった。自分のところで使うグラシン紙を探していたらたまたま近所に紙問屋があることがわかって買いに行ったのが始まり。最初はこれを販売しようだなんてことはこれっぽっちも考えていなかったのだが、問屋で売ってもらえたのは自分とこだけじゃ使い切れないほどの量だったので、そうだ小分けにして売ってみようと思いついて売り始めたのがグラシン紙販売の始まりだ。
 
販売をはじめてみると思わぬ隙間産業だった。グラシン紙の小分け販売をしている人なんてほとんどいない。あってもやたら高い。ニーズが少ないから高いのだろうと思うが、狭い範囲では少ないニーズもネットを使った全国規模となるとそれなりにニーズはある。出荷が追いつかないほどのニーズはないが、細く長く、販売をはじめた頃とあまり変わらないペースで売れつづけている。
 
今日届いた荷物の送り状には当然ながら紙屋さんの住所も記載されていたのだが、そこに見つけた北小岩の文字。胸がきゅんとなりました、、って演歌かっ!昭和フォーク村かっ!でもほんと、懐かしいというかなんというか、クロネコで送られてきたのだが、この荷物、あのいつもの北小岩センターのアンちゃんが集荷したんだろうなとか、あっブックバザールってまだあんのか!とか思ってんじゃないかな?とか、小岩の文字にあなたの姿が見えました。ポエムかっ!乙女の浪漫かっ!ご注文お待ちしております。
 
 

2017年07月05日(水)   あんこう


あんこうの一口フライというのに半額シールがついていたので買ってみた。あんこうなんて食べたことがないのでどんな味なのだろうと期待していたのだが、なんだかよくわからんな。フライになっちゃうとみんな一緒だ。普通の白身魚フライ。ハモに近いかな?という気もしたが、ハモに詳しいわけでもないので実際のところよくわかりません。ああ白身魚フライだなってだけの感想。これがフライじゃなくて鍋だったりすると震える感激だったのかもしれない。わからんけど、なんとなく。とにかく言えることは、もうあんこうの一口フライを買うことはないでしょう、、、ってこと。
 
 

2017年07月04日(火)   値下げ


裏のツルハドラッグまでシェービングジェルを買いに行ったついでに酒売り場も覗いてみると、いつものお気に入り缶チューハイが108円だった。ついこの前値上げしたばっかりじゃなかったっけ?もう元に戻ってやんの。買っちゃろ。値上げ前にアマゾンでまとめ買いしたやつはまだ残っているのだが、普段あまり売っていないビターレモンがあったので2本買っておいた。あとホッピーも1本。これも108円。
 
結局こうなるのね。あの値上げ騒動はなんだったのか。まあじきにこうなるような気はしてたけど、こんなに早くこうなるとは思わなかった。それともツルハの抜け駆け?こんなところで書いちゃっていいんだろうか?行政指導が入ったりしないだろうな、、ってこのブログにゃそんな影響力はないか、、、
 
この前アマゾンで買ったやつがなくなったら今度はツルハで箱買いしようかと思います。炭酸も一本52円だったし。灯台下暗しだったな。
 
 

2017年07月03日(月)   志布志市


鹿児島県に志布志市という市があるが、最初その人の住所を見たときにはタイピングミスかと思った。志布志市志布志町志布志○丁目。え?あ、いいのか、、しっかし、どんだけ志布志やねん。シブシ言いたいだけやろ!とPC画面に向かってつっこんでしまいました。嘘だけど。いやだけど「どんだけ志布志やねん!」とは言った。独り言・・・こわいこわい。 
 

2017年07月02日(日)   今回は最後まで


落札者からメッセージが届いていた。決済が遅れたことへのお詫びでも書いてきたのかな?と思いながら開いてみると、「今回は最後までよろしくお願い致します。」と書いてあった。なぬーーーー?いまだかつて取引を途中でほっぽらかしたことなんてないぞ?以前何かトラブルのあった人かな?とも思ったが、とくに心当たりはないので、これは言葉足らずというか言葉の誤用であろうと思われた。
 
おそらく、このたびのお取り引きよろしくお願いしますというようなことを言いたかったのだと思うが、「今回は」なんて言うから前回があったように思えるし、「今回は最後まで」なんて言われたら前回は取り引きが頓挫してしまったようにも取れる。気を遣って一文添えてくれたのだと思うが誤解を招きかねないことになっている。と思ったら誤解じゃなくて本当に前回トラブルのあった相手だったりして?とりあえず何事もなかったかのように粛々と進めよう。
 
そういえば以前「粛々と」という言い方に不快感を示していた知事さんがいたな。たしかにこの言葉を使用する状況によっては冷たいような突き放したような印象はある。最後までしっかりと情熱を持って進めさせていただきます!ってなんかイヤミったらしぃ〜。ま平常心でいつもどおりに進めさせていただきます。
 
 

2017年07月01日(土)   送料値上げ


今日から特約のゆうパック料金が上がったのだが、滞りなく切り替えができた。もっともいつも利用しているのはほとんどがゆうメールで、ゆうパックを使うような商品はあまりないので大きな影響はないといえばないのだが、そんな中でグラシン紙の送料が大幅に上がってしまったのは痛い。今まで800円で送れていたものが1200円になった。とは言え、じつは1200円でも一般料金と比べるとかなり安いのだ。
 
グラシン紙は100サイズのゆうパックになるのだが、100サイズを北海道から東京へ送るとなると通常は1500円かかる。北海道からじゃなあ、、、とお思いでしょうが、これが同一県内だったとしても、100サイズのゆうパックは1130円だ。ね、だから全国一律1200円の送料をいただくのはけして高くないというか安いのです。
 
中国四国九州沖縄となるとものすごーくお得だ。通常なら1800円くらいかかるところ1200円。実際は中国四国九州沖縄の場合は1200円以上かかってるんだけど、そこはうちの持ち出しにした。全国一律にしたほうがわかりやすいから。なんて良心的なんだ。自分で言ってますけど。
 
全国一律と言ったが、じつは北海道内だけは500円。これはもう身内贔屓ですよ、、、なんてことはないが、道内はクロネコさんががんばって特約料金を出してくれているので500円で送れる。ただ道内からの注文はあまりないのが残念なところである・・・。