2018年06月06日(水)   夜ロック


またもDVD-RAMのエラーディスク発見だ。がーん、これには大切な映像が入っていたのに、ショック最大。わずかな望みを託して別のプレーヤーへセットしてみると、ピーピーピーピー。やはり警告音が出てなにやら表示された。「ディスクに問題があるため再生しかできません。」・・・お!やった!とりあえず再生はできるみたい。ぎりぎりセーフじゃい。再生もできなくなる前に別のディスクへダビングして救出に成功。ふうやれやれだぜ。
 
これに入っていた大切な映像というのは「夜のロックスタジオ」 そうあの「夜のヒットスタジオ」をもじった、当時深夜に何度か放送された音楽番組だ。実力派ミュージシャンたちが日本のヒットソングをカバーして披露するハイクオリティな番組だった。今現在NHKでやっている「The Covers」の先駆け的な番組といえるかもしれない。
 
その中に入っている坂上弘というミュージシャンがカバーした尾崎豊の「卒業」がとても気に入っていて、これを見るとぐっとテンションが上がる。これを録画した当時は、自分のライブがあるときには家を出る前にこれを見て気分を盛り上げていたほどだ。よっしゃー!おれも一丁やっちゃるぜー!って気分になってライブ会場へ出かけていたのだ。
 
この坂上弘という人は、この番組に出演していた当時で84歳だった。10年ほど前の話だ。さすがにもう、、、と思ってネット検索してみると、なんとまだ、っておい、まだって言うな。現在96歳でご健在のようだ。あれ?2つほどサバ読んでた?久しぶりにあの映像を見てまた元気をもらいました。おれも一丁やっちゃるぜーって。
 
 

2018年06月05日(火)   電話の声


いつものように郵便局へ集荷依頼の電話をかけると、いつもの聞きなれたテキパキとしたお姉さん?(声しか知らない)の声が聞こえたのだが、あれ?この人の山田さん(仮名)だったっけ?たしかいつも鈴木(仮名)って名乗ってたハズだけど、、、あ、もしかして結婚した?
 
電話に出たその一瞬の間にそこまで思いが巡って、思わず「もしかして、結婚されました?」と聞きそうになったのだが、思いとどまっていつものようにさりげなく普通に集荷のお願いをした。
 
電話を切ってから冷静に考えてみると、そんなこと聞かなくてよかったよ。もしかしたらその逆だったかもしれないもんね。旧姓に戻ったということもある。口は災いの元。余計なことは言わないに限るね。
 
 

2018年06月04日(月)   ディスクの整理


このところ昔撮りためたDVDの整理をちょこちょこしている。今のブルーレイレコーダーを買うまではDVD-RAM採用のDVDレコーダーを使っていたのでDVD-RAMに録画されている映像が多いのだが、昔はディスクが高かったから、1枚のディスクにいろんな番組が不規則に入れてある。できるだけ容量いっぱいまで使いたかったからだ。そのせいでどこに何が入っているのやらわけがわからない残念な状態だ。そういうわけでこれをわかりやすく整理しているところだ。
 
久しぶりにプレーヤーへセットされるDVDたち。録画したとき以来のものもある。そんな中にプレーヤーに認識されないものもあった。読み込み不良。けっこうショック。ほかのプレーヤーでもだめだったしパソコンでも認識されなかったどころか、フォーマットもできなくなっている。完全使用不可。とくに何をしたわけでもないがデータが壊れているのだろう。
 
そんなディスクが今のところ2枚あったのだが、2枚とも同じパナソニックのディスクだった。そういえばこれを買った当時もなんだかいまいちデッキとの相性が悪くて、これはもう買うのをやめようと思ったディスクだった気がする。そんなディスクだから焼付けが不十分だったのかもしれない。使わなきゃよかったよ、、後悔先に立たず。まあしゃーない。せっかくのジュリーのライブ映像だったのに、残念である。
 
 

2018年06月03日(日)   SONGS


NHKのSONGSという音楽番組は昔から毎回チェックしているお気に入りの番組なのだが、先月くらいからだったか、SONGSが生まれかわりますとか言って番組のつくりが変わった。ホストというかナビゲーターというか、番組内では「責任者」という肩書きを付けられていたが、そういう役割に大泉洋を起用して、ちょっとバラエティ色を強めたつくりの音楽番組になった。コンセプトはあらゆる世代に親しまれる音楽番組を目指すということらしいが、やめれ。なんのためのNHKやねん。視聴率なんか気にすんな。がっかりだよ。いい番組だったのに、そこに笑いはいらんやろ。いや大泉洋は好きですよ。でも違う。これじゃない。今からでも遅くない。早く元きた道に引き返してくれと願うばかりである。
 
 

2018年06月02日(土)  


しばらく前から目の前にふわあっと蜘蛛の糸のようなものが横切るというかかかることがあってけっこう鬱陶しく思っていたのだが、よくよく見たら、それはまつ毛だった。蜘蛛の糸よりも細い無色の長いまつ毛が一本、ふわあっと伸びていた。光のあたり具合でようやく確認できるほどの細さだ。しかし長い。3cmくらい。少女漫画か。抜こうとしたが細すぎてつまめない。つまんでも引っ張るとすっと指先をすり抜けてしまう。何度もトライしているうちに抜けたのか何なのか、見失ってしまった。まあなくなったからいいや。
 
この前は肩から一本、これまた長ーい毛が伸びていた。10cmくらいあったかな。これもものすごく細くてずっと気がつかなかった。10cmに育つまで気がつかないって、無関心か。風呂から上がって体を拭いてふと鏡を見ると肩からふわあっと上に向かって毛が一本伸びていた。下じきの静電気で髪の毛を逆立てたときのような状態だ。長っ!思わず声が出たほど。こういう毛は、縁起を担いで抜かない人もいると思うが、ぼくは縁起は担がないタイプなので抜く。おみくじなんかも引かないもんね。
 
それにしてもなんなんでしょうね、ああいう異様に長い毛は。何らかの影響で毛根細胞のリミッターが壊れたんじゃないかと思うのだが、どうか。これは独自理論なのだが、毛は部位によって長さがある程度決まっているのは、その部位によって毛根細胞にリミッター情報が組み込まれているのではないかと思うのだ。まつ毛にしても腋毛にしても鼻毛にしても、ある程度まで伸びるとそれ以上は伸びない。腋毛を放っておいてもウエスタン・スタイルにはならないし、陰毛もアフロヘアーにはならない。まあある意味ミニアフロだけど、、、って下ネタはさておき、誰かこの理論を突き詰めて研究してみませんか?しないね。ぼくもしないです。
 
 

2018年06月01日(金)   ファンヒーター片付け


もうさすがにファンヒーターを使うことはないだろうから片付けることにした。まさかの寒さ返しの術にあったときには電気ストーブでも使えばいい。ということで、ファンヒーター内部の残留灯油を燃焼させるべく、暑いけどヒーター点火。もともと26度くらいあった室温がぐんぐん上昇する。こりゃたまらん。窓を開けるが30度くらいをキープしている。なんのバツゲームやねん。1時間もすれば燃え尽きるだろうと思っていたが結局燃料切れになるまで3時間ほどかかった。内部の受け皿に残っている灯油だけでもけっこう走るもんだな。走っちゃないか。空になった内部をきれいに拭きあげて、パネルも外してファンの汚れもきれいに拭いて、中古屋のハードオフなんかでやっているように本体全体をラッピングして片付け完了。次に使うのは10月か11月ころかな。
 
 

2018年05月31日(木)   2000ポイント


忘れたころに2000円ポン!気がつくとTポイントが2000円分加算されていた。お?これは?おーこれはこれは。ヤフオクの出品デビューキャンペーンで獲得したポイントだ。あれは3月のことだったな。ようやく入ってきたのか。休眠状態だったヤフーIDに対してキャンペーンの案内が届いたのでエントリーしていたのだった。このポイントは有効期限が短いのでさっそく使った。レコードの仕入れ資金の一部として使わせてもらった。これを元手と考えると2000円が何倍かに増えるわけで、言わば資産運用ってやつですか?、、、たかが2000円で運用て。資産て。お恥ずかしい。ちょっと言ってみたかっただけです。
 
 

2018年05月30日(水)   売りつくし


イカでも焼いて食おうと思って夜9時過ぎに裏のホクレンショップまで行ってきたのだがイカがまた高くなっていた。冷凍になった大きいのが二杯で800円くらい。相場が変動しすぎや。これじゃあいらん。タコにするか。タコは100g170円。まあ高くもなし安くもなしといったところ。去年は100g100円くらいででけっこう売ってたんだけどな。うーむ。今日は寿司にすっか。
 
この時間になると惣菜には半額シールが貼ってある。売れ残りの寿司を買うことにした。500円のパックを半額でゲット。あとイカリングのから揚げ330円を半額でゲット。けっきょくイカにありつけた。
 
それにしても棚はもうすでにスッカスカだ。営業時間は12時までなのに、9時でスッカラカンにしちゃっていいわけ?以前は11時頃に来てもまだけっこう残っていて、驚異の80%引きシールが貼ってあったこともけっこうあったのに、今はもう11時頃にきてもなーんにも残ってないからね。9時で半額にしちゃうんじゃそりゃあっという間になくなるか。売れ残って8割引にするくらいなら早めに半額で売り尽くしたほうが利益が出ることに気が付いたか?
 
 

2018年05月29日(火)   夜明け


仕事を終えて深夜のアスパラと帆立のバター蒸し焼きを作っていたらいつもより部屋へ戻るのが遅くなった。夜中に何を手の込んだことしとんねん、、って全然込んでないです。アスパラを一口大に切って、パック入りの剥き帆立と一緒にフライパンに入れてバターをひとカケ落として蓋をして蒸し焼きにするだけ。5分くらいでできちゃう。
 
さておき、それらつまみをお盆に載せて部屋へ戻るときにふと窓の外を見ると、えーっ、早っ!もーびっくりしたわ。まだ3時20分だというのに外は薄ら明るくなっているではないか。いつの間にやらこんなに朝が早くなってたんだね。
 
考えてもみればもうあと一月もしないうちに夏至だからな。にしても、3時過ぎにもう明るくなるだなんて、やっぱ北海道だからなんかね?そのくせ冬は逆に東京のほうが日の出が早かったりする日もあるっていうのがなんとも解せん。どんなやねん。地球の不思議。日の出日の入の仕組みをネットで調べてもみたけれど、チンプンカンプンでしたわ。
 
 

2018年05月28日(月)   ミス


きのう商品を発送した相手である落札者から取り引きメッセージが届いた。むむ?いやな予感。商品受取通知が届く前にメッセージが届くなんて、何か問題があったのじゃなかろうか、、、と思ったとおり、「本日CDを受け取りましたが中身が違っています。」とのこと。あわわわ。がびーん。いつかはこういう事態も起こるだろうとは思っていたが、ついにきた。
 
CDの手入れをしていると、CDのパッケージと中身が違っているものがたまにあって、これまでも何度かぎりぎりで気がついて冷や汗をかいたことはあったのだが、今回は完全に気づかなかった。出品画像を改めて見てみると堂々と中身が違っていた。落札者も実際に送られてくるまでそのことには気がつかなかったわけだが、そこに落札者の落ち度はない。
 
おそらくそのCDは買取をした時点で中身が違っていたものと思われこちらに正解のCDは残っていなかった。お詫びをし、返金というかたちでお願いをするとその申し出を快く受け入れてもらえた。あーよかったよお。中身の違っていたCDは送り返さずにそのまま処分してもらうことにした。返してもらった方が高くついちゃうから。勝って兜の緒を締めよ。あ、いや、勝ってないけど、今後ますます気をつけよう、ってこと。