2019年04月18日(木)   リージョン


輸入盤のDVD付き洋楽オムニバスCDを買ってくれた人から「CDは問題なく聞けたけどDVDはリージョンコードが違うとのことで見られない」と連絡がきた。あーなるほど、そいつはうっかりしていた。リージョンコードのことまでは気にしてなかったな。リージョンコードとは識別コードのことだが、国によってDVDのコードが決まっていて、コードが違うと再生できないのだ。輸入盤だから日本では再生できないコードだったわけだ。(リージョンフリーのものもある。)
 
輸入物のDVDを出品する時にはリージョンコードのことも気にしてチェックしているが、今回のはCDに付いているいわばオマケのようなDVDだからまったく気にしていなかった。でもこれってこっちの責任か?ただ購入者は別に怒っているわけではないようだ。PCで再生できないかどうか、DVDに焼けないかどうか、確認してみますとのこと。でもそれもだめなら返品させてくれってことかな?
 
こちらとしても気が気じゃないのでちょっと調べてみたところ、DVDをバックアップするための定番ソフトDVD decrypterを使うとリージョンは解除できるようだ。すぐにそのことを連絡しておくと夜になって「DVDに焼くことができましたー」と連絡がきた。ふうやれやれ。一件落着じゃい。
 
 

2019年04月17日(水)   電話


先月のことだが、友人からとある市議会議員の後援会名簿に名前を貸してくれと頼まれた。おそらく仕事関係の付き合いなのだと思う。「いいよ。別に電話かかってきたりはしないんだべ?」「それがかかってくんだよな。んだから誰でもってわけにいかなくてよ」「電話かかってくんだば困るな。あ、じゃあ、この電話番号だったらいいよ。いつも留守電にしていて基本的に出ないから」ということで事務所の電話番号ならOKということで名前を貸した。
 
そして今週になって、毎日午前中に電話がかかってくるようになった。そう、市議会議員選挙戦が始まったからだ。その電話がかかってくる時間にはまだ仕事部屋にはいないのでいつも出ていないのだが、着信履歴が残っているので電話があったことはわかる。ただそれはいつも非通知の着信なのだが、おそらくその後援会からだろうなとは思っていた。
 
そして今日、電話が鳴ったときにちょうど電話のそばにいたので出てみるとやはりそうだった。その市議会議員候補のスタッフからだった。心当たりもない選挙戦電話なら即切りしているところだが、とえりあえず友人から頼まれた相手でもあることだし即切りはせずに最初のあいさつぐらいは聞いた。
 
「なんたらかんたらで、がんばってまいりますので、」と一瞬言葉が切れたところですかさず、「はい。がんばってください。」と一言はさんだと同時に、向こうがさらに何か話し始める前にピッと電話を切った。ナイスタイミング。これでとりあえず電話は通じたのでもうかかってくることはないだろう。やれやれ。
 
それにしても非通知でかけてくるかね?なんかやらしいな。そもそも選挙戦の支援要請電話って意味ある?というか逆効果だよね?今回は友人の顔を立てて即切りはしなかったけど、なんの心当たりもない候補からの電話だったなら、何勝手に電話かけてきとんねん、こいつだけにゃ絶対入れねえぞと思うもんね。電話がかかってきて「応援してます!がんばってください!」なんて言う人なら電話がかかってこなくても入れてくれるって。その辺のところを勘違いしてると思うな。
 
まあ今回はこの候補に入れてあげるけど。知らない人だけどとりあえず贔屓の政党の候補のようだから。いくら友人の頼みでもその候補が支持できない政党の人だったなら入れないけど、今回は友人の頼みがなくてもこの人に入れてたんじゃないかな?人柄なんてわからないから政党で選ぶしかないもん。もっとも友人からは「名簿に名前は借りるけど別にこの人に入れてけれってことじゃないから」とは言われてたけど。明日あたり期日前投票してこよう。
 
 

2019年04月16日(火)   間違い探し


深夜に見た日テレNEWS24で、失言から辞任した桜田元大臣が自身のホームページに謝罪文を掲載したとのニュースをやっていた。あーあ、やめときゃいいのに。そんなの掲載したら注目を集めるだけじゃん。と思っていたら、やはり、、、っていうか、わざと?そんなに期待にこたえんでもええんやで。ちょっと信じがたい事実だが、その謝罪文にさえ「失言」があった。
 
失言というか誤表記なのだが、今後とも被災地の復興に全力を傾け、と書くべきところを、「今度とも」と書いている。ちょっとちょっと、今度て。間違いは誰にでもあるとは言え、さすがにあきれるわ。周りにスタッフはいないのかな?いやスタッフのチェックがなかったにしても、掲載する前に自分でチェックするやろ普通。しかもそんなに長い文章でもない。せいぜい200字ほど。今日のこの日記のここまでで350字くらいと言えば200字がどれだけ短い文章なのかわかると思うが、そんな中でさえ間違えてしまうだなんて、そりゃわざととしか重えんわ。
 
ニュースを見た後で実際にそのホームページの謝罪文を見に行ってみたが、まだ訂正されていなかった。ニュースになってからもうけっこう時間が経っていると思うけど、まだ寝ているのかな?スタッフ気づけよ。周りのスタッフは今後より一層元大臣の行動には注意していた方がいいと思う。いろんな意味で。
 
 

2019年04月15日(月)   ホクレン


久しぶりに裏のホクレンショップで買い物をしたが、やっぱりあのおばちゃんはいた。あいつがいるからホクレンにはあんまりいきたくないの。おばちゃんと言ってもぼくよりいくつか年下のような気もする。まあおばちゃんに違いないけど。
 
最初は、以前ここでも書いたがあのカード事件である。カードで支払いをしようとしたら執拗にチェックされて不愉快な思いをさせられたあれが始まり。じつはあの時は、実際はこちらの自意識過剰だろうと思いつつ、おもしろおかしく日記のネタにしただけだったのだが、その後ホクレンへ行くたびにそのおばちゃんにジロジロ見られるのである。蔑んだような目で。これまた自意識過剰か?
 
自意識過剰か何かわからないけど、ほかの店員はそんなことはないのでやはりそうなのだと思う。だからたまにホクレンへ行ってもいつもその人のレジは避ける。レジへ行く前に遠くからその人以外のレジが空いていることをチェックしてからレジへ行く。わしゃ何をコソコソしとんのや、、、そんなわけで自然とホクレンからは足が遠のいているのである。もしかしてぼくのこと好きなんじゃないの?まさに自意識過剰。
 
 

2019年04月14日(日)   Windows Update


2年くらい放置されていたWindows7パソコンを調整しようと思ってWindows Updateをしたのだが、更新を確認中ですと表示されたっきりいつまで経っても確認中だ。フリーズしているわけではないようなのだが、確認は一向に進まない。2年分の確認事項が溜まっているから時間がかかるのか?それにしてもかかり過ぎ。もう2時間くらい経っているが進捗状況はまったく変わらない。
 
そう言えばむかし同じようなことがあった。Windows7のUpdateが全然進まなかったのでそのまま一晩放置しておいたら次の日に完了していた。結局20時間くらいかかったんだったかな?でもそれって絶対に何かがおかしいよね?何か解決策はあるはずだと思って調べてみたところ解決策はあった!めでたしめでたし・・・って終わりかいっ。それを言わんかい!
 
その解決策とは、これがだめならこれはどうだ?という具合にいくつか解決のための候補があったのだが、エントリーナンバー3「ディスクのクリーンアップからのぉWindows Updateのクリーンアップ」で解決できた。それをやったらWindows Updateはほんの数分で完了してPCを最新の状態にすることができた。めでたしめでたし。詳しくはウェブで検索!
 
 

2019年04月13日(土)   引き落とし日


メインで使っているYJカードの引き落とし日は毎月27日で、27日が土日祝日だった場合は翌営業日の引き落としとなるのだが、と言うことは?今月分の引き落としは来月5/7ということでよろしおまんのかいな?だよね?ですよね?だったら何も急いで26日までに用意しておかなくてもいいもんな。実際のとこどうなんだ?もう一度じっくり確認してみよう。
 
 

2019年04月12日(金)   ハイジ


朝ドラは「なつぞら」と平行して再放送の「おしん」も毎日見ているのだが、今さらながらおしんはすごい。なんかもう別格やね。毎日15分ずつというのがまどろっこしくなって、前に録画してあったDVDを引っ張り出してまとめて見てしまった。とりあえず来週いっぱいの分、第18回まで見た。本当はもっと見たかったけど、自分で区切りをつけないといつまでも見ちゃうから。巨人の星、アルプスの少女ハイジを見た時と同じ状況だ。あ、プリズンブレイクもそうか。あのドラマもずーっと見ちゃってたな。
 
アルプスの少女ハイジといえば、「なつぞら」のなつとおじいさんの関係ってモロにハイジだよね。パクリとは言わないけど、たぶん作者にはその意識はあるっしょ?勘ぐり過ぎ?でもたぶんそう。別にそれがだめだと言うんじゃなくて、あんたもハイジに夢中だった派でしょ?って思う。そう思ってあらためて見ると、オープニング主題歌の流れるアニメの部分もハイジだよなー。
 
 

2019年04月11日(木)   名字


落札者から宛て先の連絡があった。硲さんというお名前。って、えっ?一度ちらっと見てから二度見した。わしゃ老眼やさかいよぉ見えへんねん。なんて書いてあるんだ?目を細くしてみたけどイマイチよくわからない。ん?今度は虫眼鏡で拡大してしっかりと見た。



タニさん?じゃないよね?え?読めへん。想像もつかん。「ヒ」か?碑文谷という地名から連想したが、それって碑と谷がごっちゃになってるだけやん。石ヘンに谷。簡単な漢字だけどまーったく読めんわ。フリガナ振っとけ。
 
こんな時のIT産業。産業カンケーあらへんがな。早い話がネット検索。答え一発ネット検索。
 

【読み】はざま,さこ
【全国順位】 4,956位
【全国人数】 およそ2,200人
 
どっちやねん。ハザマさんかサコさんか。まあハザマさんでしょうかね?知り合いにいなけりゃ普通の人は読めないでしょ。まあ声を出して呼ぶわけじゃないから、宛て名を書くだけだから読み方はわからなくても大丈夫っちゃ大丈夫なんだけど、読めなきゃやっぱり落ち着かない。
 
全国に2200人しかいないのかあ。いや2200人もいるといったほうがいいのか?いずれにしても珍しい名字だよなと思いながら、自分の名字、浅村さんはどやねんと思って検索してみると、
 
浅村
【読み】あさむら
【全国順位】 7,158位
【全国人数】 およそ1,300人
 
おい。わしの方が珍しい名字やんけ。全国に1300人だって。たしかにあんまりない名字だとは思うけど、最近はプロ野球選手の浅村さんが有名だからわりとメジャーな名字になってるか?とりあえず誰でも読める名字であることは間違いないだろう。
 
ただじつは、私は本当は浅村ではなく淺村なのだ。戸籍上の正式な表記は旧字体の淺を使う。役所関係とか免許の関係なんかの書類にはちゃんと淺村と書いているのだが、この字になるとたちまち読めない人が多くなる。試しにこっちの淺村でも検索。
 
淺村
【読み】あさむら
【全国順位】 79,476位
【全国人数】 およそ10人
 
えー!10人?列島ぶらり一人旅やがな。うちの家族くらいしかいないってことになるじゃん。そんなバカな、もっとおるやろ。この統計がどうやって取られているのかはわからないが、まあほとんどいないってことには間違いはないのだろう。やったね。何がやったねなのかはわからんけど、なんか勝った気分。
 
https://myoji-yurai.net/
名字由来net ←けっこう楽しいです。
 
 

2019年04月10日(水)   そろそろ


関東あたりじゃ季節外れの雪だったそうだが、一方こちらは季節外れのぽかぽか陽気。と言うほどぽかぽかでもないけれど、そろそろ桜の芽も緩み始めてるんじゃないか?と思いながら函商の桜の木を眺めながら走っていた。うーん、まだまだやな。函館山もまだところどころに白い部分が残ってるもんな。あれが全部なくなってからだな。いずれにしてもそろそろでしょう。
 
 

2019年04月09日(火)   連続パンチ


バイオリズムの低調期なのか、きのうの「非常識ですよ事件」に引き続き、今日はメルカリの購入者から「歌詞カードに書き込みがあって残念な気持ちになった。そういうことはちゃんと商品説明に書いておいて欲しかった。」という評価メッセージが届いた。評価自体は「良い」としてくれているのだが、メッセージには不満が述べられていた。
 
いやこれは申し訳ないことをした。だけど評価欄で訴えずに直接言ってくれればちゃんと対応するのに。別にそのことを隠して出品したわけでもない。気が付かなかったこちらが悪いといえば悪いのだが、だまされた的に思われるのは遺憾だ。すぐに「申し訳なかった、返金いたします」とメッセージを送ると同時にメルカリ事務局へ返金の要請をしておいた。(メルカリでは出品者と購入者との間で直接金銭のやり取りはできないことになっている。)
 
するとすぐに購入者から、商品の状態はきちんと書くべきだったと思いますが、それ以外の部分では満足していますので返金はけっこうですというような返事がきたのだが、もう返金要請しちゃってるし、こちらとしても返金しなくちゃ気持ちが収まらない。気持ちというのは、別にだましたわけじゃないぞという遺憾の意のことだ。
 
いきなり公の場で評価してくる前に「書き込みがありましたよ」と言ってくれれば「これはこちらの落ち度でした。返金させていただきます」「いえいえ返金には及びません」「これはこれは恐縮です。ではお言葉に甘えて、、、」ともなるのだが、コミュニケーション不足によりギクシャクしてしまう例か?別に自分を正当化しようってんじゃないけど、もやもやするのお。